いしかり JOMON CLIP(石狩振興局の縄文PRコーナー)

いしかりJOMON CLIP(石狩振興局の縄文PRコーナー)~動画や画像で縄文の魅力を発信~

石狩振興局から、動画や写真で縄文の魅力を発信するサイト「いしかり JOMON CLIP(石狩振興局の縄文PRコーナー)」です!

いしかりJOMONCLIPQR.png

新着情報

NEW!

・2022.11.14/縄文遺跡発掘ドキュメンタリー映画「掘る女」上映会のお知らせ

1.YouTube「石狩振興局ニュース『縄文世界遺産編』」

北海道石狩振興局では、管内の魅力や取組を紹介する動画「石狩振興局ニュース」を配信しています。
北海道初の世界文化遺産登録となった「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つである「キウス周堤墓群(千歳市)」をはじめ、縄文文化の魅力をPRする「縄文世界遺産編」をぜひご覧ください!

縄文世界遺産登録一周年記念~キウス周堤墓群の魅力~(4:25)

縄文世界遺産登録一周年を記念して、石狩管内にある構成資産「キウス周堤墓群」の魅力を改めて紹介します。
周堤墓群とは、縄文時代に造られたドーナツ状の共同墓地の遺跡です。
北海道でしかみられない貴重な遺跡ですので、ぜひご覧ください!
  

縄文世界遺産編Ver.7~縄文人も食べていた!?鹿肉のキウスピッツァ『ファームレストラン花茶』~(3:00)

縄文人も食べていたとされる鹿肉を使い、形も周堤墓そっくりと、縄文への熱意とこだわりを持って創られたファームレストラン「花茶」のキウスピッツァ。
車で5分と近いので、「キウス周堤墓群」を見学した後は「花茶の」キウスピッツァを食べながら縄文を噛みしめてみてはいかがでしょうか。

○ファームレストラン「花茶」ホームページhttps://kacha-ice.com

縄文編7 花茶サムネイル(40_).pngVer.7QR.png

縄文世界遺産編Ver.6~縄文の熱い気持ちを作品に!障がい者就労支援事業所『いるば28』~(4:47)

縄文をモチーフにした陶芸作品を制作・販売し”北の縄文”を盛り上げている「いるば28」の魅力をお届けします!
メンバーの皆さんの縄文への気持ちはとても熱く、世界遺産登録を自分のことのように喜んで取り組まれている姿が印象的です!
国宝「中空土偶・茅空」をモチーフにした代表作の「土偶箱」などは、北海道のふるさと納税の返礼品にもなっています。
想いを込めて手作りされている作品は、オンラインショップの他、工房内のギャラリーでも購入することができます!

○いるば28ホームページhttps://iruba28.localinfo.jp/

【15_】縄文Ver6 いるば28サムネイル.pngQRVer.6.png

 

縄文世界遺産編Ver.5~縄文グッズで魅力を発信!土偶とハニワになんかグッとくるおとなの部活『ドニワ部』~(3:16)

”北の縄文”を色々な切り口で広く発信中の「ドニワ部」の魅力をお届けします!ドニワ部オリジナルの「縄文グッズ」はゆるかわでオススメ♪オンラインショップやイベントで購入できます!

○ドニワ部lit.linkhttps://lit.link/doniwab

サムネイル縄文Ver.5.pngQRコード【Ver.5】.png

縄文世界遺産編Ver.4~いしかり縄文リレーパネル展~(3:36)

石狩管内の道の駅や集客施設と連携し、7市町村9会場において開催した「いしかり縄文リレーパネル展」の様子を紹介しています!

縄文Ver4サムネイル【小5】.pngVer.4QR大.png

縄文世界遺産編Ver.3~"北の縄文"の魅力を発信~(3:30)

アリオ札幌で開催した縄文PRイベントの様子や、会場で販売した北の縄文道民会議の「縄文ノート」をはじめ、いるば28の陶芸作品「土偶箱」など、縄文グッズも紹介!

縄文Ver3サムネイル.png Ver3QR大.png

縄文世界遺産編Ver.2~縄文世界遺産のPRを北海道銀行と連携!~(2:38)

北海道銀行と連携し、北海道銀行全店舗において縄文動画を放映しPRしています。北海道銀行へお越しの際は、ぜひご覧ください!

縄文Ver2サムネイル.png Ver2QR.png

縄文世界遺産編Ver.1~「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に!~(3:01)

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が北海道初の世界遺産に登録!登録当日に石狩振興局で行われた「ライブビューイング」の様子や「キウス周堤墓群(千歳市)」の魅力を紹介!

縄文Ver1サムネイル.png Ver.1QR大.png

2.いしかり縄文リレーパネル展2022【2022.7.27~2022.10.6】

世界遺産登録1周年を記念して、今年も開催しました「いしかり縄文リレーパネル展」。
1周年記念日である7月27日に千歳市立図書館からスタートし、構成遺産や縄文時代の暮らし・文化についての解説パネルをご覧いただいたところですが、約2ヶ月半をかけて7市町村9施設をまわり、10月6日に石狩市民図書館でフィナーレを迎えました!
開催期間中はたくさんの方々に足をお運びいただき、ありがとうございました!

日程.jpg

開催会場の様子

○千歳市・市立図書館【令和4年7月27日~8月16日】

01千歳・千歳市立図書館1.jpg01千歳・千歳市立図書館2.jpg

○恵庭市・花の拠点センターハウス【令和4年8月11日~8月16日】

02恵庭・花の拠点センターハウス1.jpg02恵庭・花の拠点センターハウス2.jpg

○新篠津村・自治センター【令和4年8月18日~8月23日】

03新篠津・新篠津村自治センター1.jpg03新篠津・新篠津村自治センター4.jpg

○江別市・セラミックアートセンター【令和4年8月25日~8月30日】

04江別市セラミックアートセンター1.jpg04江別市セラミックアートセンター2.jpg

○当別町・ふれあい倉庫【令和4年9月1日~9月6日】

05当別町ふれあい倉庫1.jpg05当別町ふれあい倉庫2.jpg

○北広島市・市役所5階市民ギャラリー【令和4年9月8日~9月13日】

06北広島市役所市民ギャラリー1.jpg06北広島市役所市民ギャラリー2.jpg

○江別市・郷土資料館 ロビー【令和4年9月15日~9月22日】

07江別市郷土資料館1.jpg07江別市郷土資料館2.jpg

○千歳市・道の駅サーモンパーク千歳【令和4年9月24日~9月28日】

08千歳市 道の駅サーモンパーク千歳1.jpg08千歳市 道の駅サーモンパーク千歳2.jpg

○石狩市・市民図書館【令和4年9月30日~10月6日】

09石狩市民図書館1.jpg09石狩市民図書館2.jpg

 

 

 

3.いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)【2022.2.1~2022.2.28】

石狩振興局では、北海道初の世界文化遺産登録となった縄文文化の魅力を広く発信することを目的に「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つである「キウス周堤墓群」の所在する石狩振興局管内において、北海道の縄文文化の価値を伝える「いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース」を開催しました。
会場では、北海道の構成資産紹介パネルのほか、「江別土器の会」が古代人と同じ製法で制作した「土器」や「障がい者就労支援事業所いるば28」が縄文をモチーフに制作した「陶芸作品」の展示を行いました。

いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)

01_まるひこ.JPG02_まるひこ.jpg03_まるひこ.JPG04_まるひこ.JPG05_まるひこ.JPG06_まるひこp.JPG07_まるひこ.JPG

4.いしかり縄文リレーパネル展【2021.10.15~2021.12.21】

北海道初の世界文化遺産に登録された”北の縄文”の魅力を広く発信し、新たな縄文ファンを増やすため、石狩管内の観光施設や道の駅、集客施設等と連携し開催してきた「いしかり縄文リレーパネル展」!!!
世界遺産の構成資産の一つである「キウス周堤墓群」のある千歳市を令和3年(2021年)10月15日にスタートし、7市町村9会場でバトンをつないできましたが、12月21日に、新篠津村で、ついに、フィナーレを迎えられました!
それぞれの地域と縄文でコラボレーションし、会場では「江別土器の会」が古代人と同じ製法で制作した「土器」や、縄文の魅力を紹介する動画なども、御覧いただきました。
現在「キウス周堤墓群」は冬季閉鎖中ですが、また、来春から御覧いただくとができますので、ぜひ、本物の世界遺産へも足を運んでみてください!

「いしかり縄文リレーパネル展」の詳細はこちらから

【千歳市】「道の駅サーモンパーク千歳×縄文」のコラボレーション

2021.10.15~2021.10.21

サケの還る清流に隣接した「道の駅サーモンパーク千歳」では、地元野菜の直売店や人気のレストランも出店しています。
パネル展開催中はサケが遡上しており、千歳の秋の風物詩となっているインディアン水車によるサケの捕獲風景も楽しむことが出来る素敵な時期に展示させていただきました。

01サーモンパーク千歳.jpg02サーモンパーク千歳.jpg03_サーモンパーク千歳.jpg04_サーモンパーク千歳.jpg

【北広島市】「北広島市エコミュージアムセンター知新の駅×縄文」のコラボレーション

2021.10.21~2021.10.29

「北広島市エコミュージアムセンター知新の駅」は、北広島市の豊かな自然や歴史等についての情報の収集や発信など「屋根のない博物館(エコミュージアム)」の中心施設です。
常設展示コーナーでは、北広島市で発見された地層・化石や動植物など自然史についての展示や文書・民具など歴史についての展示のほか、たくさんの市民の方と共に制作した親子マンモスの模型なども展示しています。
このような素敵な施設で展示させていただきました。
01_北広島市エコミュージアムセンター.jpg02_北広島市エコミュージアムセンター.jpg03_北広島市エコミュージアムセンター.JPG04_北広島市エコミュージアムセンター.jpg05_北広島市エコミュージアムセンター.JPG

【石狩市厚田】「道の駅石狩『あいろーど厚田』×縄文」のコラボレーション

2021.10.29~2021.11.09

道の駅石狩「あいろーど厚田」は、石狩市を縦断する国道231号(通称オロロンライン)沿いの施設です。
最上階の展望フロアは、日本海を一望する石狩屈指の絶景スポット!
1階は石狩の地場産品が揃うショップ、2階は歴史と食のフロアで、まちの文学や自然等にふれられる展示や地元の素材を取り入れ工夫を凝らしたグルメもお楽しみいただけます。
このような最高のロケーションの中で展示させていただきました。

01あいろーど厚田.jpg02あいろーど厚田.JPG03あいろーど厚田.JPG04あいろーど厚田.JPG05あいろーど厚田.jpg06あいろーど厚田.JPG07あいろーど厚田.JPG

【石狩市花川】「石狩市民図書館×縄文」のコラボレーション

2021.11.09~2021.11.16

「石狩市民図書館」は、図書館の中に街をつくるというコンセプトのとおり、多くの人が集い憩う場所として市民生活に密着した施設です。
エントランスホール内の喫茶コーナーでは軽食の提供のほか、新鮮な石狩産の野菜や加工品などの販売も行っています。
このような市民に愛される魅力的な図書館で展示させていただきました。

01石狩市民図書館.JPG02石狩市民図書館.JPG03石狩市民図書館.JPG04石狩市民図書館.JPG05石狩市民図書館.JPG06石狩市民図書館.JPG07石狩市民図書館.JPG

【恵庭市】「ガーデンフェスタ北海道2022×縄文」のコラボレーション

2021.11.16~2021.11.25

展示させていただいた「花の拠点センターハウス」は、恵庭市の新たな観光地として2020年11月にオープンした花の拠点「はなふる」にあります。
2022年6月25日(土)から7月24日(日)まで「はなふる」をメイン会場に「ガーデンフェスタ北海道2022」が開催されます。
開催テーマは「花と緑~恵みの庭を人がつながる北の大地から。」
北海道の花と緑の文化を広く全国に発信する「ガーデンフェスタ北海道2022」もお楽しみに!
詳細は「ガーデンフェスタ北海道2022」HPにて!
https://garden-festa2022.jp/

01恵庭.JPG02恵庭【ネームプレートぼかし済】.JPG03恵庭.JPG04恵庭.JPG05恵庭.JPG06恵庭.JPG07恵庭.JPG08恵庭.JPG09恵庭.JPG

【江別市緑町】「江別市郷土資料館×江別土器の会×縄文」のコラボレーション

2021.11.25~2021.11.30

「江別市郷土資料館」は、ふるさと江別・大昔の江別・開拓の始まり・町の発展・産業の歴史の5つのテーマで、江別の歴史や文化財を展示、公開しています。
重要文化財の江別太遺跡の土器など先史時代の出土品は一見の値があります。
500あまりの世界の蝶が展示されているコーナーのほか、「江別土器の会」が、市内で発見された萩ヶ岡式や江別式などの土器をモチーフに、古代人と同じ製法で制作した作品も展示されています。
パネル展の会場でも「江別土器の会」の製作した、美しい土器を一緒に展示させていただきました。

01江別市郷土資料館 (2).JPG02江別市郷土資料館.jpg03江別市郷土資料館.JPG04江別市郷土資料館.JPG05江別市郷土資料館.JPG06江別市郷土資料館.JPG07江別市郷土資料館.JPG

【江別市西野幌】「江別市セラミックアートセンター×江別土器の会×縄文」のコラボレーション

2021.11.30~2021.12.07

緑豊かな野幌原始林に隣接する「江別市セラミックアートセンター」は、四季折々の顔をみせる自然を背景に、陶芸作品とれんがの展示室、陶芸教室等を開講する工房があります。
「観る」「創る」「集う」をコンセプトに北海道のやきもの文化を創造していこうとする施設です。
テーマの一つである、れんがを基調とした建物で、通路などにトップライトを設けて自然光を取り入れるなど、変化のある空間も素敵です。
1階ロビーのショップでは、江別市内の陶芸家等13名の作品も販売しています。
パネル展会場には「江別土器の会」が古代人と同じ製法で制作した、素晴らしい土器も展示させていただきました。

01江別市セラミックアートセンター.JPG02江別市セラミックアートセンター (2).JPG03江別市セラミックアートセンター (2).JPG04江別市セラミックアートセンター.JPG05江別市セラミックアートセンター.JPG06江別市セラミックアートセンター.JPG07江別市セラミックアートセンター.JPG08江別市セラミックアートセンター.JPG09江別市セラミックアートセンター.JPG

 

【当別町】「ふれあい倉庫×江別土器の会×縄文」のコラボレーション

2021.12.07~2021.12.14

JR石狩当別駅南口の「ふれあい倉庫」は、当別町のお米や旬の野菜、特産品を売るコーナーの他、イベントホールのある、町民と当別町を訪れた方々が交流するふれあいの場です。
文化創造・賑わいの創出・情報発信の3つのコンセプトの「ふれあい倉庫」は、集うことで情報が得られる当別町を知る場としての拠点となっています。
1941年(昭和16年)築のれんが造りの倉庫を再利用した建物で、パネル展会場は歴史と趣を感じるれんが壁です。
会場には「江別土器の会」が古代人と同じ製法で制作した、素敵な土器も一緒に展示させていただきました。

01当別ふれあい倉庫.JPG02当別ふれあい倉庫.JPG03当別ふれあい倉庫【名札修正済み】.JPG04当別ふれあい倉庫.JPG05当別ふれあい倉庫.JPG06当別ふれあい倉庫.JPG07当別ふれあい倉庫.JPG08当別ふれあい倉庫.JPG09当別ふれあい倉庫.JPG

 

【新篠津村】「新篠津村自治センター×しんしのつのおこめちゃん×江別土器の会×縄文」のコラボレーション

2021.12.14~2021.12.21

のどかな田園風景が広がる新篠津村。
村の総面積の半分は水田という米どころです。
パネル展初日には、新篠津村PRキャラクター「しんしのつのおこめちゃん」も来てくれました!
新篠津村生まれのおこめの妖精で、米・雪・どぶろくをイメージした真っ白でまんまるな体がキュート!
地域の皆さんが集う「新篠津村自治センター」は、キラキラしたクリスマス装飾がいっぱいでとても素敵な雰囲気です。
「江別土器の会」が古代人と同じ製法で制作した素晴らしい土器もクリスマスデコレーションとともに展示させていただきました。

01_新篠津村自治センター.JPG02_新篠津村自治センター (2).jpg03_新篠津村自治センター (2).JPG04_新篠津村自治センター.JPG05_新篠津村自治センター.JPG06_新篠津村自治センター.JPG07_新篠津村自治センター.jpg

5.石狩振興局公式Facebook

石狩振興局公式Facebookでも、縄文イベント情報など、魅力を発信中!

きらり・いしかり/石狩振興局

石狩振興局管内の8市町村(札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村)の魅力や振興局の取組を発信しています。

きらり・いしかり/石狩振興局

 QRきらり・いしかり_石狩振興局.png

【これまでの投稿】
・2022.03.17/北の縄文ファンフェスタ~2022春inチ・カ・ホ~のご案内
・2022.03.04/YouTube「石狩振興局ニュース第17弾『縄文世界遺産編Ver.7』
・2022.02.22/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~障がい者就労支援事業所いるば28の御紹介~
・2022.02.17/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~江別土器の会の御紹介~
・2022.02.14/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~パネルのご紹介~
・2022.02.04/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!
・2022.02.04/YouTube「石狩振興局ニュース第16弾『縄文世界遺産編Ver.6』
・2022.01.20/いしかり♡縄文の環(わ)千歳市埋蔵文化財センター企画展「ほかの縄文遺跡群も訪れてみませんか?北東北編」のご案内
・2022.01.19/いしかり♡縄文の環(わ)千歳市における「世界遺産登録認定証」公開のご案内
・2022.01.13/YouTube「石狩振興局ニュース第15弾『縄文世界遺産編Ver.5』
・2022.01.06/いしかり♡縄文の環(わ)ファームレストラン「花茶」の御紹介
・2022.01.05/いしかり♡縄文の環(わ)土偶と埴輪にグッとくる大人の部活「ドニワ部」の御紹介
・2021.12.27/いしかり♡縄文の環(わ)障がい者就労支援事業所「いるば28」の御紹介
・2021.12.22/「いしかり縄文リレーパネル展」フィナーレを迎えました!!
・2021.12.15/「いしかり縄文リレーパネル展」新篠津村自治センターで開催中!!
・2021.12.13/「北の縄文マルシェVol.4」が開催されました
・2021.12.08/「いしかり縄文リレーパネル展」当別ふれあい倉庫で開催中!!
・2021.12.03/YouTube「石狩振興局ニュース第11弾『縄文世界遺産編Ver.4』」
・2021.12.01/「いしかり縄文リレーパネル展」江別市セラミックアートセンターで開催中!!
・2021.11.26/「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録記念フォーラムのご案内
・2021.11.26/「いしかり縄文リレーパネル展」江別市郷土資料館で開催中!!
・2021.11.26/に~よんで縄文!おとなのDOKI♡DOKI♡「土器づくり体験」が開催されました
・2021.11.25/11/27開催「JOMONLIFE(縄文ライフ)世界遺産北海道・北東北の縄文遺跡群超~解説と縄文人の心」のご案内
・2021.11.18/「いしかり縄文リレーパネル展」花の拠点センターハウスで開催中!!
・2021.11.15/「キウス周堤墓群フォトコンテスト」写真募集中!11月30日(火)まで
・2021.11.15/世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」に関するアンケートにご協力ください!
・2021.11.11/11/17開催「北の縄文シンポジウム」参加者募集中!!
・2021.11.10/「いしかり縄文リレーパネル展」石狩市民図書館で開催中!!
・2021.11.09/YouTube「石狩振興局ニュース第10弾『縄文世界遺産編Ver.3』」
・2021.11.01/「いしかり縄文リレーパネル展」道の駅石狩「あいろーど厚田」で開催中!!
・2021.10.27/「“北の縄文”魅力発信ブース」アリオ札幌で開催中!!
・2021.10.22/「いしかり縄文リレーパネル展」北広島市エコミュージアムセンター知新の駅で開催中!!
・2021.10.18/「いしかり縄文リレーパネル展」道の駅サーモンパーク千歳で開催中!!
・2021.10.14/「いしかり縄文リレーパネル展」開催
・2021.10.08/YouTube「石狩振興局ニュース第6弾『縄文世界遺産編Ver.2』」
・2021.08.11/YouTube「石狩振興局ニュース第4弾『縄文世界遺産編Ver.1』」
・2021.07.29/祝!世界遺産登録!石狩振興局のライブビューイング
・2021.07.28/「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録!!
・2021.05.28/世界文化遺産登録へ「北海道・北東北の縄文遺跡群」

食べる!遊ぶ!旬体験いしかり

北海道・石狩管内の食や体験観光など地域の旬な魅力を発信しています。

食べる!遊ぶ!旬体験いしかり

  QR食べる!遊ぶ!旬体験いしかり.png

【これまでの投稿】
・2022.03.17/北の縄文ファンフェスタ~2022春inチ・カ・ホ~のご案内
・2022.02.22/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~障がい者就労支援事業所いるば28の御紹介~
・2022.02.17/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~江別土器の会の御紹介~
・2022.02.14/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!~パネルのご紹介~
・2022.02.10/いしかり縄文パネル展inまるひこアートスペース和(なごみ)開催中!
・2022.02.09/YouTube「石狩振興局ニュース第16弾『縄文世界遺産編Ver.6』
・2022.01.21/いしかり♡縄文の環(わ)千歳市における「世界遺産登録認定証」公開のご案内
・2022.01.17/石狩振興局ニュースで「ドニワ部」が紹介されています!
・2022.01.06/いしかり♡縄文の環(わ)ファームレストラン「花茶」の御紹介
・2022.01.05/いしかり♡縄文の環(わ)土偶と埴輪にグッとくる大人の部活「ドニワ部」の御紹介
・2021.12.27/いしかり♡縄文の環(わ)障がい者就労支援事業所「いるば28」の御紹介
・2021.12.22/「いしかり縄文リレーパネル展」フィナーレを迎えました!!
・2021.12.15/「いしかり縄文リレーパネル展」新篠津村自治センターで開催中!!
・2021.12.13/「北の縄文マルシェVol.4」が開催されました
・2021.12.08/YouTube「いしかり振興局ニュース」で「いしかり縄文リレーパネル展」を紹介!
・2021.12.07/「いしかり縄文リレーパネル展」当別ふれあい倉庫で開催中!!
・2021.12.01/「いしかり縄文リレーパネル展」江別市セラミックアートセンターで開催中!!
・2021.11.30/に~よんで縄文!おとなのDOKI♡DOKI♡「土器づくり体験」が開催されました
・2021.11.26/「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録記念フォーラムのご案内
・2021.11.26/「いしかり縄文リレーパネル展」江別市郷土資料館で開催中!!
・2021.11.22/11/27開催「JOMONLIFE(縄文ライフ)世界遺産北海道・北東北の縄文遺跡群超~解説と縄文人の心」のご案内
・2021.11.17/「いしかり縄文リレーパネル展」花の拠点センターハウスで開催中!!
・2021.11.15/「キウス周堤墓群フォトコンテスト」写真募集中!11月30日(火)まで
・2021.11.10/「いしかり縄文リレーパネル展」石狩市民図書館で開催中!!
・2021.11.01/「いしかり縄文リレーパネル展」道の駅石狩「あいろーど厚田」で開催中!!
・2021.10.27/「“北の縄文”魅力発信ブース」アリオ札幌で開催中!!
・2021.10.27/「いしかり縄文リレーパネル展」北広島市エコミュージアムセンター知新の駅で開催中!!
・2021.10.19/「いしかり縄文リレーパネル展」道の駅サーモンパーク千歳で開催中!!
・2021.07.29/祝!世界遺産登録!石狩振興局のライブビューイング
・2021.07.28/「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録!!
・2021.06.08/北の縄文道民会でキウス周堤墓群の豆知識紹介!
・2021.05.28/世界文化遺産登録へ大きな一歩!!「北海道・北東北の縄文遺跡群」

6.いしかり♡縄文の環(わ)

世界遺産の構成資産の一つ「キウス周堤墓群」(千歳市)の環状(ドーナツ状)の「わ」の形にちなんで、地域のみなさまが「わ」となり縄文文化を広める活動をされている様子をお届けします! 

NEW!

縄文遺跡発掘ドキュメンタリー映画「掘る女」上映会のお知らせ

染谷商会縄文部とドニワ部(土偶と埴輪にグッとくる大人の部活)のコラボ縄文イベント「北の縄文マルシェ」の特別企画として、縄文遺跡の発掘調査に携わる女性たちのドキュメンタリー映画「掘る女」の上映が札幌狸小路5丁目内の「サツゲキ」で行われます。

ご興味のある方はぜひ劇場まで足をお運び下さい。

【日時】11月29日(火)《全2回上映》

            1回目 15:30会場 16:00開始
    2回目 18:30会場 19:00開始
【場所】札幌市中央区南2条西5丁目6-1 狸小路5丁目内「サツゲキ」
【料金】1,500円

掘る女上映会.JPG

 

「ドニフェス2022」開催!

縄文時代を中心に、土偶・埴輪(ドニワ)をテーマにして、専門家の先生による楽しく学べる講演会、トークショーのほか、パネル展、お子様も気軽に体験できるワークショップや謎解き、オリジナル雑貨の展示販売を行うイベント「ドニフェス2022」が開催されます。ぜひお越しください!

【日程】 令和4年9月24日(土)~25日(日) 各日 11:00~17:00
【場所】 カナモトホール(札幌市民ホール)会議室1-2A4フライヤー.jpg

世界文化遺産登録1周年記念「キウス周堤墓群発掘調査現地説明会」が開催されます!

「北海道・北東北の縄文遺跡群」として世界文化遺産に登録された千歳市の「キウス周堤墓群」では現在1号周堤墓の再発掘調査(なんと58年ぶり!)が行われており、その様子を見ることができる現地説明会が開催されます!!
縄文人が生活していた墓穴跡を見ることができる大変貴重な機会ですので、ぜひ皆様ご参加ください!!
(参加には事前に予約が必要となりますので、下記の申し込み先へお電話でお申し込み下さい。)


【日程】
令和4年7月2日(土)・7月3日(日)各日4回(定員20名)
(1)09:00~11:15(2)10:15~12:30(3)13:00~15:15(4)14:15~16:30
※雨天時は次週(7月9日・10日)に延期
【集合場所】
 千歳市役所駐車場(現地まで送迎バスで向かいます)
 ※現地の駐車スペースに限りがあるため、直接のご来訪はご遠慮ください。
【参 加 料】
 無料
【申込期間】
 6月27日(月)~6月30日(木)9時00分~17時00分
【申し込み先】
 千歳市埋蔵文化財センター調査係
 電話番号:0123-24-4210
 詳細は千歳市ホームページから↓
 https://www.city.chitose.lg.jp/docs/26045.html?cat=%2F95%2F95_169%2F95_169_915%2F95_169_915_03%2F


千歳市における「世界遺産登録認定証」公開

令和3年(2021年)7月、千歳市の「キウス周堤墓群」を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されました。
この度、文化庁から送付された「世界遺産登録認定証の公式レプリカ」を千歳市で公開しております。

◆掲示場所・期間
・千歳市埋蔵文化財センター[千歳市長都42-1]常設
・千歳市役所本庁舎市民ホール棟1階[千歳市東雲町2丁目34番地]1月31日(月)まで※期間限定
・北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)[千歳市北栄2丁目2番11号]2月13日(日)のみ※世界遺産登録記念講演会場

◆詳細は千歳市ホームページから↓
https://www.city.chitose.lg.jp/docs/23883.html?cat=%2F95%2F95_169%2F95_169_915%2F95_169_915_04%2F

01_千歳市世界遺産登録認定証の公開.jpg02_千歳市世界遺産登録認定証の公開.jpg貴重な認定証に驚く職員.jpg

千歳市埋蔵文化財センター企画展「ほかの縄文遺跡群も訪れてみませんか?北東北編」

令和3年(2021年)7月、千歳市の「キウス周堤墓群」を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を記念した千歳市埋蔵文化財センター企画展「ほかの縄文遺跡群も訪れてみませんか?北東北編」が開催されています。
会場では、北海道外の構成・関連資産を紹介するパネル展のほか、文化庁から届いた「世界遺産登録認定証の公式レプリカ」も展示されております。

◆開催日時
令和4年(2022年)3月25日(金)までの月曜日~金曜日・第2日曜日
9:00~17:00
※第2日曜日を除く土日・祝日は休館

◆会場
千歳市埋蔵文化財センター[千歳市長都42-1]
 
◆詳細は千歳市ホームページから↓
https://www.city.chitose.lg.jp/docs/23885.html?cat=%2F95%2F95_169%2F95_169_915%2F95_169_915_03%2F

01_千歳市企画展(チラシ).jpg02_千歳市企画展(写真).jpg03_千歳市企画展(写真).jpg

障がい者就労支援事業所「いるば28」

札幌市東区にある障がい者就労支援事業所「いるば28」さんの取材に行ってきました!
陶芸を主とした「ものづくり」を行っている事業所で「縄文」をモチーフにした作品を制作、販売し、”北の縄文”を盛り上げていただいています。
メンバーさんが縄文への想いを込めて作成される作品はクオリティが高く、そして愛らしいものばかりです。
代表作の「土偶箱」は、国宝「中空土偶・茅空」をモチーフにした小物入れで、ひとつひとつ手づくり。制作されるメンバーさんによって表情も異なり、カラフルな個性を放っています!
「土偶箱」をはじめ、「北海道土偶はしおき」や「中空土偶カップ」は、北海道のふるさと納税の返礼品にもなっています。
作品はオンラインショップの他、工房内のギャラリーでも購入することができますので、ぜひ、チェックしてみてください!
メンバーが講師となり「陶芸1日体験教室」を開催しているほか、出張教室もありますので、世界にひとつだけの作品を作りたい方にもオススメです!
1月8日(土)に開催される、いるば28さんが協力している北24条商店街振興組合主催のイベント「親子でドキドキ土器作り体験」でも、陶芸体験ができますので、こちらも、ぜひ御参加ください。

○いるば28ホームページ
https://iruba28.localinfo.jp/ 

○親子でドキドキ土器作り体験
日時:令和4年(2022年)1月8日(土)10:00~(2時間程度)
場所:札幌市北区民センター[札幌市北区北25条西6丁目]
費用:お子様500円、大人1000円
申込方法:電子メールにて、次の事項をご記入の上、お申し込みください
①申込者のお名前、②人数、③お子様の学年、④連絡先電話番号
申込先kita24popura@fd6.so-net.ne.jp

01_いるば28.jpg02_いるば28.jpg03_いるば28.jpg04_いるば28.jpg05_いるば28.jpg06_いるば28.jpg07_いるば28.jpg08_いるば28.jpg09_いるば28.jpg

土偶とハニワにグッとくる大人の部活「ドニワ部」

土偶とハニワでドニワ!
”北の縄文”の魅力を色々な切り口で発信してくださっている、札幌市内を拠点に全国で活動中の、土偶と埴輪にグッとくる大人の部活「ドニワ部」さんの取材に行ってきました!。
オリジナルの「縄文グッズ」販売をはじめ、勉強会や講習会の開催や、YouTube「ドニワ部公式ドニワチャンネル」の配信、縄文初心者むけやさしい縄文読本「JOBON」(ジョーボン)の発行など、幅広い活動をされています。
ドニワ部員は200名を超え、お子様の部員もいらっしゃるそうです!
代表の種田梓さんも作成されている、とにかくかわいい「縄文グッズ」はオススメ!
1/21(金)~23(日)に開催される小樽市総合博物館縄文連動企画の縄文イベント「OTARUJOMONFESTIVAL」にも出店され、こちらでもドニワ部の「縄文グッズ」をお買い求めいただけますので、ぜひ、お越しください!

○OTARUJOMONFESTIVAL
日時:令和4年(2022年)1月21日(金)~23日(日)11:00~18:00
場所:小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)[小樽市色内2丁目1番20号]

○ドニワ部lit.link
https://lit.link/doniwab

○YouTube「ドニワ部公式ドニワチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UChFWi7kuZMnQaOP4JB2r6RQ

01_ドニワ部.jpg02_ドニワ部.jpg03_ドニワ部.jpg04_ドニワ部.jpg05_ドニワ部.jpg06_ドニワ部.jpeg

ファームレストラン「花茶」

グルメの視点から”北の縄文”を応援してくださっている、千歳市泉郷にあるファームレストラン「花茶」さんの取材に行ってきました!
キウス周堤墓群から車で5分の「花茶」さんの農園レストランでは、本場イタリアナポリから輸入したピッツァ釜で焼き上げられる「縄文ピッツァ」を食べることができます!
世界文化遺産に登録されたことにちなんで作られた「鹿肉とクルミのピッツァ」は、縄文人が食べていた素材の「クルミ」と「鹿肉」のソーセージが使用されています。
具材へのこだわりはもちろんですが、何より、円形のピッツァの形が「キウス周堤墓群」そのもの!
シェフの小栗龍夫さんが焼く本場ナポリのピッツァはとても美味しく、カリッとしたクルミの食感と鹿肉ソーセージのコクが、生地そのもののおいしさを際立てており、最高のお味です!
お店では、人気の素材の味を生かしたジェラートのほか、夏はイチゴ狩りも楽しめます!
「花茶」さんは、現在冬期休業中ですが、2月中旬頃から再開業されますので、キウス周堤墓群へお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください!
 
○花茶ホームページ
 https://kacha-ice.com 

○鹿肉とクルミのピッツァ
 Lサイズ(30㎝)2,270円、Mサイズ(22㎝)1,270円
01_花茶.jpg02_花茶.jpg03_花茶.jpg04_花茶.jpg05_花茶.jpg06_花茶.jpg07_花茶.jpg08_花茶.jpg09_花茶.jpg 

北の縄文マルシェVol.4

2021.12.12

 染谷商会さんとドニワ部(土偶と埴輪にグッとくる大人の部活)のコラボ縄文イベント「北の縄文マルシェVol.4」が、12月12日(日)に染谷商会(札幌市豊平区)で開催されました。
 会場では、かければだれでも土偶になれる「キラキラデラックス!おしゃれメガネ作り」のワークショップのほか、染谷商会さんのSDGsと縄文精神が融合された「バナナペーパー縄文ポストカード」や、ドニワ部の土偶プリントがかわいい「トートバッグ」など、新作の縄文グッズがたくさん販売されており、大盛況でした!
 2022年の「北の縄文マルシェ」もお楽しみに!

01_北の縄文マルシェVol.4.JPG02_北の縄文マルシェVol.4.JPG03_北の縄文マルシェVol.4.JPG04_北の縄文マルシェVol.4.JPG05_北の縄文マルシェVol.4.JPG06_北の縄文マルシェVol.4.JPG07_北の縄文マルシェVol.4.JPG08_北の縄文マルシェVol.4.JPG09_北の縄文マルシェVol.4.jpg

に~よんで縄文!おとなのDOKI♡DOKI♡「土器づくり体験」

2021.11.23

北24条商店街振興組合主催の縄文イベント「に~よんで縄文!おとなのDOKI♡DOKI♡『土器づくり体験』」が、11月23日(火・祝)に札幌市北区民センターで開催されました。
会場では、障がい者就労支援事業所「いるば28」のメンバーが講師となり、多くの参加者が思い思いの「土器づくり」を楽しんでいました!
手回しのろくろでつくるカップやお茶碗などに、オリジナルの「ビビちゃん」や「カックウ」をアクセントに貼りつけたり、縄文の雰囲気抜群です!
冬休みには「親子でDOKI♡DOKI♡土器づくり」、2022年2月には「親子じょうもんクッキング」が予定されています。
こちらもお楽しみに!

01土器づくり体験.JPG03土器づくり体験.JPG05土器づくり体験.JPG06土器づくり体験.JPG02土器づくり体験.JPG04土器づくり体験.JPG07土器づくり体験.JPG08土器づくり体験チラシ.jpg

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

地図

page top