スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  恵庭市 | 北海道いしかりファンクラブ


最終更新日:2017年5月11日(木)

北海道いしかりファンクラブ

スペース

恵庭市

スペース 恵庭市 スペース

水と緑と花のまち

清流・漁川が流れ、市民によるガーデニングが盛んなことから「水と緑と花のまち」として知られている恵庭市。ニュージーランドにあるクライスト・チャーチでの視察をきっかけとして、1991年夏に「恵み野フラワーガーデニング・コンテスト」が行われ、次第に「花のまち」として全国的に知られるようになった。そんな恵庭市で、草の根的活動の時代からオープンガーデンの中心的存在として活動をリードしてきた花カフェきゃろっとの店長内倉真由美さんに恵庭市の魅力についてお聞きした。

スペース
インタビュー スペース

「花のまち」恵庭の魅力

スペース
恵庭市には花を愛する人がたくさんおり、行政が花を活用したまちづくりを始める前から、住民たちの間では草の根的にオープンガーデン(個人やお店などが自分で手入れしているお庭を一定期間公開すること)の活動がはじまっていた。
そんな中、内倉さんは活動をしている地域の人が集まって交流する場所がなかったことから、もともと自身がコーヒー好きだったこともあり営んでいた小さな手芸店を喫茶店に改装。それが今の「花カフェきゃろっと」の始まりとなった。「今ではおかげさまで花を愛する多くの人、コーヒーを愛する多くの人たちが、愛情込めて育てたガーデンとおいしいコーヒーを求めて来てくれるようになりました」と内倉さん。
インタビュー

最高級のコーヒーを花とともに

息子で現社長の大輔さんが2009年に道内で2人目の国際コーヒー鑑定士(ワインの世界でいうソムリエ)となり、世界中で流通しているコーヒー豆全体の数%という最高品質の「スペシャルティコーヒー」の中から選び抜いた豆を、丁寧に焙煎した最高の状態で提供できるようになった。「『水と緑と花のまち』恵庭では素敵なガーデンの数々(と、おいしいコーヒー)があなたを待っています。ぜひ遊びにいらしてください!」

スペース インタビュー スペース

市民一人ひとりが担い手に

「(恵庭市の)最大の魅力は、『市民の手でまちづくりをしている』ということだと思います」と内倉さんは話す。恵庭では地域の住民をはじめ町内会、学校、商店や各団体やサークルのそれぞれの人たちが、直接関わり、自分たちの手でまちづくりをしている。その意識の高さと行動力は全国に誇れるものだという。
現在では、「花のまち」として全国的に知られるようになっているが、「一人ひとりの市民による協力と連携、まちづくりへの思いが無ければ実現しなかったと思います」と、そこまでの道のりを可能にしたのが他でもない住民の熱い思いと行動力だったと内倉さんは考えている。
内倉さんが恵庭に移り住んでもうすぐ30年になるが、市民の活動をバックアップする形で行政が協力してくれていることもあり、「恵庭で育った子どもたちが『私のふるさとって良いところなんだよ!』そう自慢できるような街になればと願いを込めて、まちづくりに関わってきましたが、今では私自身が『恵庭ってすてきなところ!遊びにおいで』そう自慢できるような素敵な人、花、お店が溢れる街だなぁと感じています」と、年を重ねることに素敵な街に進化し続ける恵庭を実感しているという。

スペース インタビュー スペース インタビュー スペース

店舗情報
花カフェきゃろっと
恵庭市恵み野西1丁目25-2
電話/0123-36-4561
営業時間/10:00~18:00
定休/水曜

観光 スペース
シーニックナイト
スペース シーニックナイト
スペース 人とこころをつなぐ、がテーマ。支笏湖~洞爺湖~ニセコをキャンドルの灯りでつなぐイベントです。地域の人はもちろん、観光客の方にも多く参加されています。
恵庭岳
スペース 恵庭岳
スペース 天候のいい日に支笏湖から臨む恵庭岳は、アイヌ語のエ・エン・イワ(頭の尖った岩山)という名前の由来の通り、青空に切り立つシルエットが美しい火山です。
えこりん村
スペース えこりん村
スペース 家族で花と動物に触れ合える広大なテーマパーク。約40haの敷地の中に広がるテーマガーデンの中でも、1,000種の植物が咲き変わる「銀河庭園」はまるで絵本の世界。
北海道恵庭市牧場277-4
営業日/4月下旬から営業
電話/0123-34-7800
(9:30~17:00)
札幌市 スペース 江別市 スペース 千歳市 スペース 恵庭市 スペース 北広島市 スペース 石狩市 スペース 当別町 スペース 新篠津村 スペース 北海道いしかりファンクラブ会員募集
スペース