スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年5月22日(月)


権限移譲


 

      道から市町村への権限移譲      

 

道では、道州制の下にお ける役割分担の考え方を基本に、現在の道の事務・権限を、「道州が行うべきもの」と「市町村が行うべきもの」とに分類し、市町村が担うべき事務・権限について移譲対象としています。移譲対象となる事務・権限については、毎年度、特例条例化における権限の条項の精査や法令の改正・追加、市町村からの追加要請等を反映した見直しを行い、これを「事務・権限移譲リスト」として市町村へ提示しています。
 現在、道が所掌する約5,000件の事務・権限のうち、約3,100権限を市町村への移譲対象としています。

道から市町村への事務・権限の移譲(総合政策部地域主権・行政局市町村課)

  

                                              地域主権型社会に向けた取組のページへ戻る▲