スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  地域政策推進事業「『さっぽろ圏』若者愛着醸成事業

石狩の分類: 行政・政策・税 > 地域政策

最終更新日:2017年9月28日(木)

地域政策推進事業「『さっぽろ圏』若者愛着醸成事業」


 石狩振興局では、地域との連携・協力のもと、政策形成段階から事業展開まで一貫して、地域に根ざした政策を推進する振興局独自事業として、「地域政策推進事業」を実施しております。

 

 その一環として、今年度から、地域おこし協力隊員との連携のもと、さっぽろ圏(石狩管内)の大学生がその柔軟な発想や専門能力を活かして地域活性化活動に取り組む「『さっぽろ圏』若者愛着醸成事業」を推進しています。

   

この事業によって、地域活性化が図られるばかりではなく、学生の実践力養成や地域とのつながりの強化にも繋がっていくことが期待されます。

 

 平成29年度は、新篠津村石狩市厚田区において取組を進めていますので、その活動をご紹介します。


 ◇新篠津村での取組


 ◇石狩市厚田区での取組(現在、取組内容等を調整中)


 米をはじめとした美味しい農産品の産地としてのイメージが強い新篠津村ですが、まだまだ知られていない観光の魅力があります。その魅力をまとめたPR動画を制作し、交流人口の拡大を目指します。この取組は、新篠津村地域おこし協力隊との連携のもと、北海道情報大学島田研究室のご協力をいただいて推進いたします。

 

<北海道情報大学 情報メディア学部情報メディア学科 島田研究室の皆さん>

新篠津活動1 

  

<新篠津村地域おこし協力隊:左から 中木さん、定宗さん、河井さん>
地域おこし協力隊員



撮影作業(第二回)


◇9月21日(木) 晴れ
 7月の撮影に続き、夏のシーンの撮影です。今回は、大人のキャンプをテーマに、モデルの出演による撮影を行いました。
 当日の天気は、学生たちの熱意が届いたのか、前日までの雨模様が嘘のような好天となりました。


<事前打合せ>
 学生たちは撮影の手順について最終確認を行い、さっそく準備に取りかかっていました。

事前打ち合わせ  準備


<グランピング>
 グランピングへの到着やハンモックでくつろぐシーンを撮影しました。学生たちはグランピングの魅力を余すことなく収めようと、真剣な眼差しで取り組んでいました。

グランピング到着  グランピングハンモック

<しんしのつ産直市場>
 新篠津自慢の新鮮野菜を手に取っているシーンです。学生たちは瑞々しい野菜の魅力が伝わるように丁寧に撮影していました。
産直市場

<グライダー滑空場>
 グライダーに乗り込むシーンなどを撮影しました。広大な滑空場との対比がとてもきれいでした。
グライダー  滑空場

<バーベキュー>

 バーベキューを楽しむシーンです。学生たちはバーベキューの準備を手早く行っていました。

夜間の撮影ということもあり、照明を使いながらの撮影となりました。

バーベキュー準備  バーベキュー撮影



撮影作業(第一回)


◇7月29日(土) 晴れ

 

 学生たちは先日の取材を踏まえ、夏のシーンはキャンプを中心に撮影することとしました。

 天候に恵まれるように祈るような気持ちでいましたが、晴れて暑い日となり、撮影を行った「しのつ公園キャンプ場」は天候にも恵まれ、たくさんのキャンパーで賑わっていました。

 この2日間でキャンプを楽しむ家族のシーンを撮影しましたので、学生たちの活動の様子をご紹介します。

 新篠津晴天


<事前打ち合わせ、準備>
 学生たちは緊張の中、撮影開始前に最終手順を確認し、早速準備に取りかかっていました。

 打ち合わせ  準備  


<ドローンによる撮影>
 効果的な動画とするため、ドローンによる撮影を行いました。

 学生たちはイメージに合う場面を撮影するため、ドローンのオペレーターに細かい指示を出していました。

 オペレーターの手元のコントローラーには撮影している場面がそのまま映し出されており、まるで自分が鳥になって上空から見下ろしているように見えました。

 操縦  ドローン


<食事風景>
 ここからは今回の動画に出演いただくご家族をお迎えして撮影しました。まずは、レストランでの昼食シーンです。
 最初に料理だけを撮影しました。テレビのグルメ番組でもよく見る料理のアップで、シズル撮影というそうです。
 続いて、家族で料理を食べるシーンです。楽しく食事をしている雰囲気を逃さずカメラに収めようと、カメラマンの目は真剣です。

 シズル  食事


<テント内>
 テント内で寛いだり、昼寝をするシーンでしたが、炎天下での撮影となったため、テント内はとても暑かったようです。
 炎天下準備  テント内撮影 

                   

◇7月30日(日) 晴れ 
 

 非常に暑い日となりました。この日も様々なシーンを撮影しました。

 出演する家族も学生たちも前日遅くまで撮影を行いましたが、疲れた顔も見せずに撮影に臨んでいました。


<しんしのつ産直市場>
 「しんしのつ産直市場」で新鮮な野菜を買い物するシーンです。美味しい野菜に囲まれての撮影となりました。
 産直市場
                   
<キャンプの受付>
 キャンプの受付は「たっぷの湯」です。受付のシーンを撮影するため、フロント前で撮影の準備をしているところです。
 フロント受付 

<水遊び>
 キャンプ場には、水遊びができる「せせらぎの川」という小川が流れています。

 お父さんと子どもたちが楽しく水遊びするシーンを撮影するため、学生たちも水に入って撮影を行いました。

 水遊び1  水遊び2



事前調査


◇7月2日(日) 曇りのち晴れ

 

 観光PR動画制作の第一歩は新篠津村の魅力をよく知ることです。今回PR動画の制作に協力いただく北海道情報大学の学生は新篠津村役場と地域おこし協力隊員の案内により、村内の観光ポイントなどを取材しました。   

 この間、学生は地元スタッフから説明を受けたり、質問しながら、これから制作する動画のイメージを膨らませていました。

 
<グランピング>

 今年度から「しんしのつ温泉 たっぷの湯」の横で、今注目のキャンプスタイル「グランピング」がスタート。ベッドやソファー、冷蔵庫などを完備し、テレビにも取り上げられました。学生はスタッフの方から説明を受けながら、動画にどのように取り込むか、熱心に検討していました。   

  新篠津活動2  新篠津活動3


<しんしのつ産直市場>

 新篠津産の採れたて野菜を購入することができる「しんしのつ産直市場」は、開店前から行列ができる人気の直売所です。新篠津村の瑞々しい野菜を手にとってしっかり確かめていました。

  新篠津活動4  新篠津活動5    


<グライダー滑空場>

学生全員がグライダーによる滑空を体験しました。まるで鳥のように空を滑空できたことは最高の体験となったようです。この迫力を視聴者にどのように伝えていくのか、腕の見せどころです。

 新篠津活動6   新篠津活動7   


<しのつ公園キャンプ場>

しのつ公園キャンプ場は芝生がきれいに刈り込まれ、清潔感があり、初心者にもとても優しいキャンプ場です。 

 学生は、キャンプ場を見下ろすことができる展望台に上がって、キャンプ場の全景を確かめていました。

  新篠津活動8  新篠津活動9

 



 

 現在、取組内容、協力大学について調整中です。