スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 振興局直轄 > 総務課 >  宗教法人 よくある質問


最終更新日:2019年5月07日(火)


宗教法人 よくある質問


《よくある質問》

 宗教法人に関して、よくある質問とその答えをまとめました。

 なお、「事務所備付け書類の提出」関係については、こちらをご覧下さい。


質問1 宗教法人内部での紛争について、所轄庁は何かしてくれることはありますか?

質問2 住居表示の実施、市町村合併等に伴い宗教法人の所在地が変わりますが、どのような手続き
   が必要ですか?

質問3 代表役員(代務者)、責任役員を変更したのですが、どのような手続きが必要ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


質問1 宗教法人内部での紛争について、所轄庁は何かしてくれることはありますか?

回答  宗教法人法は、宗教活動の自由を最大限に保障するため、所轄庁の関与を極力少なくし、法
   人の管理、運営等は、当該法人の自主性、自律性に委ねることを基本としています。
    このため、所轄庁の権限も限られており、内部紛争等の調停など行うことは、憲法の信教の
   自由、政教分離の精神に反する結果を生じるおそれがあるので、宗教上の事項への関与を排除
   しております。


質問2 住居表示の実施、市町村合併等に伴い宗教法人の所在地が変わりますが、どのような手続き
   が必要ですか?

回答  住居表示の実施、市町村合併等により所在地の表示が変わった場合においては、知事の規則
   変更の認証は必要ありません。
    法人において規則変更の手続きを行い、所定の様式により所轄庁へ届出をしてください。


質問3 代表役員(代務者)、責任役員を変更したのですが、どのような手続きが必要ですか?

回答  代表役員(代務者)は宗教法人登記の登記事項のため、法務局で変更登記を行なってくださ
   い。その際、登記簿謄本(登記事項証明書)を取得し、代表役員(代務者)変更届に添付し、所
   轄庁(石狩振興局)へ届出をしてください。
    なお、責任役員は、登記事項ではないため、代表役員(代務者)のような手続きは必要ありま
   せん。ただし、事務所備付け書類である「責任役員名簿」を整理しておいてください。


宗教法人トップページへ戻る