スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  農商工連携失敗から学ぶ

石狩の分類: 産業・経済 > 商工業・企業立地・エネルギー

最終更新日:2014年3月26日(水)


農商工連携失敗から学ぶ


失敗から学ぶ

  取組事例として世に出ているものは「成功事例」が圧倒的に多いわけですが、実はこれから取組を
 始めようとする人にとっては「失敗例」こそが貴重な「教訓」になるものです。成功の陰にはその何倍もの
失敗があるに違いありません。
  石狩振興局では、農商工連携や6次産業化の推進に向け、セミナー(講演・実践発表等)や管内事業
 者へのヒアリングなどを実施することで、様々な取組事例に触れてまいりました。
  この度、こうした取組事例の中から、「失敗例」を拾い出し、その対応策とともに分野別に整理しました
 ので、今後の取組の参考にしていただければ幸いです。
  なお、掲載にあたっては事業者の情報保護の観点から、具体性に欠ける表現が多くなっていますが
 ご容赦ください。

                                          
  

-  INDEX -

 <商品開発>
  商品サイズ(容量)がニーズに合っていなかった
  使用する容器を誤った
  せっかく考えた商品名が使えない
  客が食べるときには美味しくなかった
  単品売りでは売れ残った
  専門家のアドバイスに耳を貸さずに商談が不成立に
  相談する人がいなかった初めての加工品づくり
 <生産計画>
  生産計画が不十分で取引がストップ
 <販売方法>
  対面販売では売れないものがある
  インターネット販売にチャレンジしたが…
 <商品PR>
 ◆ 物産展で売れなかった農産加工品
 ◆ 札幌では反応が良くなかった「北海道食材」
 ◆ 顧客向けダイレクトメールを中止したら…
 ◆ テレビで紹介されたイベントに客が押し寄せた

戻る