スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  株式会社中央ネームプレート製作所


最終更新日:2018年3月13日(火)

★2 株式会社中央ネームプレート製作所

上ライン

平成28年度石狩市ものづくり企業見学・交流会に参加した学生がまとめた企業紹介レポート第2弾

今回は、「株式会社中央ネームプレート製作所」をご紹介します★

下ライン


1  ネームプレートから電子機器基板、そして薄型精密板金加工へ

  株式会社中央ネームプレート製作所ではプレート加工やプリント配線板、薄板精密板金物の製造など様々なものについて扱っている。

 この会社の名前を初めて聞いた時、名札や表札などを作っている会社だと思ったが、それだけではなく同じエッチングの技術を使う電子機器の基板を製作し、さらに発展して基盤の取付けや外装などの薄型精密板金加工、関連会社ではNTT関係の仕事なども行っていることを知って、非常に向上心のある企業であると感じた。

 はじめに、製作されたネームプレートを見学して街中で見かけたことのあるプレートや身近にあるプレートなど様々なプレートがこの会社で製作されていることに驚いた。
 プレート加工をしている工場を実際に見ることはできなかったが、プレートの美しさを見て、長年の努力によって積み重ねられた結果であるように感じた。

 今回の見学では時間の都合上全ての工場を見て回ることはできなかったが、ネームプレートから始まり様々な製品を製作していてとても面白いと思った。


2  プリント配線基板の最終チェック 人の目VS機械

 プリント配線板を製造している工場では、塵や埃を嫌うためか土足厳禁である。

 工場内は工程が進むように順路ができており、物の流れがスムーズになるよう工夫されている。
 順路のあらゆるところに緊急停止ボタンやガラスを用いて工場全体を見られるように工夫されていて、安全を重視していると同時に少しずつ作り上げられていくプリント配線板が流れていくのを見ているのが面白いと思った。

  プリント配線板の最終チェック工程では、回路のパターンが切れていないかを検査する専用の機械がある。
 この機械は動きが独特で、見ていて面白い。
 この最終チェックはお客さんが指示しなければ機械を通しての検査を行わないことになっているが、そのときは、代わりに人の目でチェックするようにしていて凄いと思った。
 作業効率でいえば人の目の方が上であるが、正確さでいえば機械なので、どのくらいの精度をお客さんが求めるかによって変わることが分かった。

 プリント配線板の工場全体としては、安全を重視し問題が起こればすぐに対応できるように準備されているのが印象的だ。

エッチング・剥離ライン   チェッカー
エッチング・剥離ライン(左)、チェッカー(右)(株式会社中央ネームプレート製作所ホームページより引用)


  レーザー加工、研磨、塗装技術を受け継ぐ努力で人工衛星が飛ぶ

 薄板精密板金物の工場では、機械がたくさん置いてあり工具などもたくさんあったが整然と並べられており、工具も専用の棚にまとめられていたのが印象的だ。

 主な製造過程は曲げ工程、溶接工程、レーザー加工工程、研磨工程、塗装工程などがあり、この中でも特にレーザー加工工程と研磨工程、塗装工程は印象的である。
 レーザー加工工程では大型の機械を用いて加工しており、その機械を扱えるのは4人しかいないという。

 その他の小さな機械もいくつかあり面白いと思った。研磨工程では、主に液体につけて塗装する方法とドライヤーのようなものを用いて粉末を吹きかけて塗装する方法があった。

 どちらも実際に見たことがなかったため、新鮮で面白い。
 研磨工程では板金に溶接などを行って組み立てた場合、ひずみが出るためステンレスなどの磨かれた素材の見栄えが悪くなることがある。そんな製品に研磨をして見栄えを良くする磨きの職人がいる。
 このような磨きの職人は全国的にも数が減っている。
 そのためこの会社では、加工技術に幅を持たせてものづくりの力を底上げするために年配の職人が若手に技術を受け継がせようとしているのが印象的だった。

 この会社の関連会社ではNTT関係の修理業務を行っている。そこで聞いた話の中で衝撃的だったのは電話機は勝手に捨ててはいけないということである。
 電話機は国が製作して配布したものなので、壊れたり古くなって必要なくなった場合は返却する必要があるという。しかし電話機は勝手に捨てられているのが現状である。
 返却された公衆電話などは必ず修理して使える状態にする。修理するための部品は製造がされなくなった部品もあるため新品ではなく、古いものや壊れたものから使える部品を取り出して再利用しているのが現状である。

 また、NTT関係の依頼だけではなく、人工衛星の部品開発の依頼もあることを知り、とても驚いた。伝導率の問題で銅などを使うのではなく、金が使われていることにも驚いた。

 この関連会社全体としては、NTT関係の問題を解決していたり、さらには宇宙関係の依頼まで幅広く行っているので凄いと思った。

加工ブース全景
加工ブース全景(株式会社中央ネームプレート製作所ホームページより引用)


4  ローテーションシステムは人と会社を育てます

 交流会では、プリント配線板の工場においてなぜ多くの機械に緊急停止ボタンが付いているのかという質問があった。

 理由は問題が起きた時にすぐ対応するためであり、問題が起きた製品を次の機械に流さないようにするためだ。プリント配線板の工場だけではなく、他の工場でも部品や工具が整理されていて安全を重視しているのがよくわかる。

 また、この会社では、従業員同士の連携とローテーションシステムがある。
 この会社は、個人創業から始まり今では複数の工場と関連会社を持っているため、現在では100人近い従業員が働いており部署の数も増えているという。
 この人数をまとめるのは大変ではあるが、この会社では同じ人が同じ仕事ばかりをするのではなく、ローテーションを行って様々な仕事を経験することができるようになっている。

 ローテーションを行うことでモチベーションを維持することができ、いろいろな業務をこなすことで多種多様な人材を育てることができ、さらに特定の人にしか扱えない機械や作業を減らすことで、特定の人が欠けてしまっても代わりに別の人が行える状態にしておけるなど、様々なメリットがあることを知った。

 このローテーションシステムを知った時は驚いた。
 目の前の効率を見るのではなく、その先の効率を考えているローテーションシステムはこの会社の一番の強さだ。

 このシステムがあることにより、男性だけではなく女性も活躍できる作業があるので、工場で働くことに興味がある女性はこの会社で働いてみるのも良いのではないかと思った。

 全体としては安全を重視していることや、従業員を大切にしているところが印象的であり良いことだと思った。

中央ネームプレート本社
(株式会社中央ネームプレート製作所ホームページより引用)


企業の概要など

  • 業務内容
      各種プレート加工(各種看板・表示プレート・水道見出票・安全危険物表示、表彰状、感謝状、盾、室名札、
    標識・標示板、等)
      精密板金加工、ステッカー、シール、カッティングシート、インクジェット出力、プリント配線板、塗装 など
  • 代表者名
      代表取締役社長 氏家 界平
  • 住所
      (本  社)札幌市東区北39条東1丁目2番17号
      (石狩工場)石狩市新港西3丁目749-4
  • 電話番号
      (本  社)011-752-2161
      (石狩工場)0133-73-1301
  • 企業ホームページ
      http://www.cnpnet.co.jp


このページに関するお問い合わせ
北海道石狩振興局産業振興部商工労働観光課主査(雇用対策)
〒060-8558 北海道札幌市中央区北3条西7丁目
電話番号:011-231-4111(内線34-424)
FAX番号:011-204-5179