スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  平成26年度 太陽光発電普及セミナー

石狩の分類: 産業・経済 > 商工業・企業立地・エネルギー

最終更新日:2014年11月10日(月)


平成26年度 太陽光発電普及セミナー


※終了いたしました。

札幌市ロゴマーク

札幌市・石狩振興局共同事業

北海道ロゴマーク

  エネルギーの地産地消!エネルギーを考えることは、地域を考えること。 

赤れんがサンちゃん

太陽光発電普及セミナー

太陽光発電イラスト

 全国各地で「ご当地電力」が誕生し、そのネットワークづくりも進んでいます。
 再生可能エネルギーへの注目度は年々高まっており、住宅等への太陽光パネル設置も増加していますが、それに伴いトラブルがあるのも事実です。
 セミナーを通じ、地域として、住民として、個人として、何ができるのか、そして何に気をつけるべきなのか、一緒に考えてみませんか?

と き
ところ
主 催
参加費

平成26年10月3日(金)13:30~16:00
ホテルさっぽろ芸文館(札幌市中央区北1条西12丁目)
札幌市、北海道石狩振興局
無料
※別紙申込書により、9月11日(木)から、下記の「札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー普及推進課」まで、FAX又はE-mailでお申し込みください。
(先着100名様までご参加いただけます。)

 
ご案内チラシ(PDF)
申込書(PDF)
申込書(WORD)

「地域資源を活かした再生可能エネルギーがつくる未来」 13:40~14:40

■講師:特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所 研究員 古屋 将太 氏 

 

全国各地で、市民や地場企業、行政が連携し、「ご当地エネルギー」として、太陽光、風力、バイオマスなど地域資源を活かしたエネルギー地産地消の取組が広がっています。「地域発」のエネルギーで資源、技術、雇用、消費を結びつけ、地域の価値を高め「持続可能な地域づくり」に取り組む先進事例を紹介します。

「みんなの力で自然エネルギーを!市民発の実践事例と私たちにできること」 14:50~15:05

■講師:特定非営利活動法人 ひまわりの種の会 理事長 新保 るみ子 氏

 

道内においても市民やNPOによる自然エネルギーの導入が進んでいます。市民の力で、イベントや公共施設に太陽光発電を導入したきっかけや、その波及効果、さらに全道各地に広がる市民レベルでの取組について紹介します。

「積雪地における太陽光発電システム施工の事例とポイント」 15:05~15:20

■講師:一般社団法人 北海道エコエネルギー技術協会 副理事長 秋山信介 氏

 

太陽光パネルの設置に当たっては、積雪寒冷地といった北海道特有の気象条件にしっかり対応していることも大切です。雪国対応型の施工事例から、積雪時でも耐久性や安全性を確保できる施工のポイントを紹介します。

「太陽光発電販売よくあるトラブルと防止策について」 15:20~15:35

■講師:札幌市消費者センター

 

太陽光発電システムは、今後さらに普及が進むことが予想される中、消費者相談窓口には、システムに関する消費者トラブルの相談が増加しています。よくあるトラブルの事例を踏まえ、その防止策を紹介します。

 太陽光発電普及の取り組み 15:35~15:45

■札幌市:太陽光発電推進マッチング事業、石狩振興局:太陽光発電導入促進情報登録事業

 

太陽光発電事業の新たなビジネスモデルとして全国で取組が進んでいる「土地・屋根貸し」による太陽光発電導入促進の取組として、札幌市及び石狩振興局の事業を紹介します。
  

 

お問い合せ先  札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー普及推進課
   札幌市中央区北1条西2丁目
 TEL 011-211-2872
 FAX 011-218-5108
 E-mail:kan.matching@city.sapporo.jp