スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  ガス機器のCO中毒事故にご注意ください

石狩の分類: 産業・経済 > 商工業・企業立地・エネルギー

最終更新日:2011年6月14日(火)


ガス機器のCO中毒事故にご注意ください


2011.6.14

~ ガス消費機器による一酸化炭素(CO)中毒事故防止について ~

 こんろ、給湯器、暖房器具など、ガス消費機器による一酸化炭素(CO)中毒の防止については、これまでも関係官庁・業界団体などから注意喚起されているところですが、平成22年には全国で15件発生、2名が亡くなっています。平成23年においても既に4件の事故が発生しております。

 いずれも換気が不十分なことによりガス消費機器が不完全燃焼を起こし、COが発生したものです。

原子力安全・保安院より、平成23年6月3日付けで、次のとおり注意喚起がなされております。 

食品工場及び業務用厨房施設における一酸化炭素中毒事故の防止について(要請)

 

 食品工場・業務用厨房、店舗、集会施設など、不特定多数の人が集まる場所におきましては下記のことをご注意願います。

●ガス消費機器を使用する際は、必ず換気(給排気)を行ってください。特に冷暖房使用時期においては室内を密閉した状態でガス消費機器を使用しないよう注意しましょう。換気設備(換気扇など)は室内の空気を外に出す機能しかありませんので、ときどき窓をあけましょう。

●ガス消費機器や換気設備は、日常から手入れをしましょう。台風・地震・積雪後などには排気筒に異常がないかどうかを確認しましょう。

●業務用施設におきましては、始業前終業後に設備状況の点検をお願いします。異常時には設備の使用中止や補修など、危険防止措置をお願いします。

●万が一の不完全燃焼に備え、CO警報器の設置をおすすめします。

 

 

〒060-8558 札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館5F

 北海道石狩振興局 産業振興部 商工労働観光課 指導保安係  
 電話番号 011-204-5829(直通) FAX 011-232-1950