スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  社会資本整備に関するアカウンタビリティ


最終更新日:2016年12月13日(火)


社会資本整備に関するアカウンタビリティ


社会資本主義整備に関する   アカウンタビリティ(説明責任)のページ
 

はじめに

 北海道では、平成13年1月、道が実施する公共事業等の社会資本整備において、政策の企画立案段階から完了後までのそれぞれの事業実施過程
において、道民への積極的な情報提供を行うことにより、道民と共通の認識を醸成するため、
「社会資本整備に関するアカウンタビリティの推進指針」
を策定しました。

 また、この推進指針の中では、道公共事業関係各部でおいてアカウンタビリティを推進するための推進計画を策定することにしていることから、
水産林務部では、「水産林務部社会資本整備に関する説明責任(アカウンタビリティ)推進計画」を策定し、この中で、各振興局などにおける実施事業等
を説明する内容等を定め、ホームページを開設し、道民の皆様に情報の提供をすることとしています。

 

 石狩振興局林務課に関係する事業は以下のとおりです。


政策の企画立案段階における社会資本整備事業の説明

 

   この段階における説明は水産林務部総務課のホームページで公開しています。

個別箇所の事業計画策定開始段階における社会資本整備事業の説明

 

  この段階における説明は水産林務部総務課のホームページで公開しています。

 

事業実施段階における社会資本整備事業の説明

 道が実施する開発公共事業に関する説明
  
 ◎治山事業(H26実績) 
  
   ◎治山事業(H27計画) 
 
   ◎林道事業(H26実績)

 ◎林道事業(H27計画) 
 
◆事業の概要を知りたい方は「政策評価事業一覧」(各事業へは政策評価事業番号を参照してください)をご覧ください。
◆今年度事業費は、入札未実施のものについては概算工事費を、入札済みのものについては落札価格を記載しています。
◆今年度の入札概要を知りたい方は、「石狩振興局森林土木事業入札結果一覧表」(入札結果一覧番号)をご覧ください。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 事業完了後における社会資本整備事業の説明

  工事中    工事中


皆様からのご意見ご質問と道からの回答

皆様からのご質問

氏名(敬称略)

年齢

性別

在住地

            意                    見

中川春菜

21

札幌市

 最近、流域の下流の市町村が森林整備に協力するという話をよく耳にしますが、石狩支庁管内では森林整備協定が締結されている市町村はありますか。また、協定を締結しないまでも何か協力体制をつくっている所はありますか。

道からの回答

  全国で森林の下流にある地方公共団体等が、1.森林整備費用への助成、2.分収林契約を通じた森林整備、3.水源林の取得と整備等により上流の地方公共団体等と協力して植林や間伐等の森林整備を協力して行っている事例が増えています。
  まだ、石狩支庁管内にはこのような取組の事例はありませんが、今後上下流域の地方公共団体等の連携による森林整備が進むことが期待されます。
  また、海を豊かにするため漁場に流れ込む河川の上流域の森林で植林や下刈等を行う「お魚を殖やす植樹活動」が漁協女性部を中心に全道各地で展開されており、石狩支庁管内では厚田漁協婦人部が取り組んでいます。



皆様からのご意見・ご質問をお寄せください。

ご質問等のある方は、下記アドレスよりメール送信してください。
なお、内容を確認することもございますので、お名前・ご住所・電話番号は必ず記入するようお願い致します。

※原則として、ご質問等の内容については公開させていただきますが、お名前の公表に支障がある方はメールにて「匿名を希望する」事を記載してください。
ishikari.rinmu10@pref.hokkaido.lg.jp (@マークは半角にしてご使用ください。)