スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  たまねぎのネット詰め自動計量機 2


最終更新日:2017年12月18日(月)


農作業労働軽減事例


 農作業をもっと楽に・・・

 たまねぎのネット詰め自動計量機

                                       札幌市  熊木 基雄さん

 改善のねらい  

 粗選別中のライン変更を簡単に行い、計量作業を人手から自動にすることで省力化を図った。

 必要資材  

 天秤はかり、ボンデ鋼板合板、9mm鉄筋、モーター、バッテリー、コンベア、リミットスイッチ、電源コード、スイッチ、蝶番(3個)、Vベルト

改善点および工夫のポイント   

  たまねぎの粗選別台と選別機の間にネットに入るコンベアを追加し、別ラインを作った。

  「天秤はかり」にリミットスイッチを取り付け、ネット内にたまねぎが入り、必要な重量に達したら、自動的に

 ラインの戸口が閉まるようにした。

 ;改善による効果  

・粗選別ラインからネット詰めラインへの切り替えが簡単になった。

・「天秤はかり」を利用して10kgや20kgのネット詰めが自動で可能となり、作業者がはりつくことなく、適正な計量がなされる。

・取引先などの急なネット詰めたまねぎの要望に応えられる。


たまねぎのネット詰め自動計量天秤はかり  たまねぎのネット詰め自動計量機ライン 

 天秤はかりを利用して自動計量を行う  粗選別用ライン(奥)を跳ねあげてネット詰め用ライン(手前)へ

 一覧に戻る

 石狩農業改良普及センターのトップページに戻る