スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  遮光ネット付き収穫台車


最終更新日:2017年11月10日(金)


農作業労働軽減事例


 農作業をもっと楽に・・・

 遮光ネット設置の収穫運搬車

江別市 植松義則 さん

 改善のねらい

炎天下でのブロッコリー収穫作業を快適に行うために、ハウスパイプと遮光ネットで日 除け屋根を手作りした。

 必要資材  

(1) ハウス太パイプ2m×4本
(2) ハウス用パイプ4m×8本
(3) 遮光ネット
(4)パッカー、固定用紐

 改善点及び工夫のポイント  

1 市販の収穫運搬車の4隅に(1)のパイプ差し込む
2 立ち上がった4本のパイプに(2)の8本のパイプを組み合わせしっかり固定する。
3 屋根部分に(3)の遮光ネットを2重にして被せパッカーで止める。

 改善による効果  

・7列ずつ4~5人で収穫しながら運搬車を自走させる。重いコンテナやカゴを各自持た ないため、身体への負荷が少ない。
・日除けにより、ブロッコリーの品質低下を防ぐ。また作業者の熱中症対策となり作効率 が上がる。

 daisya daisya2 
運搬車全景   運搬車足回り
 daisya3 daisya4 
 操作ハンドル  植松氏説明

 一覧に戻る

 石狩農業改良普及センターのトップページに戻る