スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  261212「石狩農産物を知る・学ぶ・食べるプロジェクト」お米をもっと食卓に!


最終更新日:2017年8月23日(水)


「石狩農産物を知る・学ぶ・食べるプロジェクト」お米をもっと食卓に!(H26年度)


石狩農業改良普及センター 地域の話題
「石狩農産物を知る・学ぶ・食べるプロジェクト」を開催 
~お米をもっと食卓に! JA道央地域~  
 平成26年12月12日、石狩農業改良普及センター・石狩振興局・JA道央との共催で「石狩農産物を知る・学ぶ・食べるプロジェクト」を、恵庭市島松公民館で開催しました。このプロジェクトは「お米をもっと食卓に!」を合い言葉に「地場産米の利活用と食文化の形成」を目的としています。

 第2回目となる今回は、若手女性農業者で組織するグリーンレディース(千歳市)、さくらさくら会(恵庭市)、嫁の会(江別市)のメンバー19名が参加しました。
 お米の栽培技術を学ぶ講義の後、るるるキッチンガーデンくらぶ代表の木村光江さんを講師にデコ巻き寿司づくりに取り組みました。’くま’’はまなす’などをデコレートしたおすしが完成した際は、歓喜が沸き起こっていました。また、お米の品種当てクイズでは和気藹々とした雰囲気の中、お米の食べ比べを通じ交流も図られたことと思います。
 このプロジェクトを通じて、お米を始め自らが作った地場産農産物の魅力を再認識し、地場産の米や野菜の利活用の促進が図られることが期待されます。

 

デコ巻きずし

デコ巻きずしづくり

デコ巻きずし
デコ巻きずし作り

(情報提供 kasai)