スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年8月23日(水)


水田図鑑 オモダカ


和 名 オモダカ
休眠型 多年生
繁殖器官 種子・塊茎
特 徴
 水生の多年生植物で、生育型はロゼット型(花茎に葉がつかない)に分類される。水田では主に塊茎で増殖する。塊茎は耕起・代かき作業により、様々な深さに埋没し、地表面に存在する塊茎は稲の移植後から萌芽を始め、深く埋没したものは、6月中旬頃に地上部を地表に出す。
 ロータリーで半分に切断された塊茎を見ることがあるが、芽が残っていれば発芽する。また、ごく小さな塊茎でも越冬発芽する。代かきにより塊茎が移動し、畦畔に大型の個体が多く分布したり、水田一面に小さな個体が密生したりする。
 除草剤の使用にあたっては、長期間の発生に対応するため、体系的な処理となる。

オモダカの塊茎

オモダカ初期生育 多発生圃場
 塊茎
撮影H18/5/24
 生育初期
撮影H20/6/25
 多発生圃場
撮影H20/6/25

多発生圃場 ミズアオイとの混合発生
多発生圃場
撮影H17/8/12 
ミズアオイとの混合発生
撮影H17/8/11