スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  平成27年度石狩管内普及指導員夏期研修会の開催


最終更新日:2017年8月16日(水)


平成27年度石狩管内普及指導員夏期研修会の開催


石狩農業改良普及センター 地域の話題
平成27年度石狩管内普及指導員夏期研修会の開催
~養蜂業の農薬に対する影響・スマート農業の推進~

 平成27年9月10日、石狩振興局の主催で「平成27年度石狩管内普及指導員夏期研修会」が、道庁赤れんが庁舎2階会議室で開催されました。この研修会は、専門分野の技術情報及び行政施策課題などに関する情報交換を通じ、総合的な普及指導能力の向上を図ることを目的として実施され、石狩管内の普及指導員や振興局職員など39名が参加しました。
 農政部生産振興局畜産振興課・紀井主幹から「農薬の養蜂業者への影響」と題して蜜蜂飼養者等と生産量の推移や需給動向、北海道の養蜂家の年間作業の流れや蜜蜂の生理生態などスライドを使用し、わかりやすく説明がありました。また、蜜蜂被害事例調査結果と今後の対応については、客観的なデータを織り交ぜ紹介をしていただきました。
 IHIスター株式会社営業企画部三津谷浩子氏からは「スマート農業の推進」と題して講演をしていただきました。少子高齢化が進む中、省力で誰もが取り組みやすい農業を実現することをコンセプトにGPSガイダンスシステムを中心に、デモを交えて見て感じる研修となりました。
 この研修を通じて、普及指導員のスキルアップにより現場力の向上につながることが期待されます。

 

農薬の養蜂業への影響 

スマート農業の推進 

農薬の養蜂業への影響について 紀井主幹
スマート農業の推進  IHIスター(株)三津谷氏

(情報提供 kasai)