スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  平成27年度 JA営農指導員技術研修(耕種部門)第2・3回開催


最終更新日:2017年8月16日(水)


平成27年度 JA営農指導員技術研修(耕種部門)第2・3回開催


石狩農業改良普及センター 地域の話題
平成27年度JA営農指導員技術研修(耕種部門)第2回、第3回を開催
~第2回は畑作物、第3回は園芸作物・水稲について研修~

 JA営農指導員技術研修の第2回は7月10日に、第3回は8月7日に普及センター本所および現地ほ場で開催されました。
 普及センターから各作物の生産状況や栽培管理等についての講義の後、病害虫等の診断実習を行いました。本年は受講生にもサンプルを持参してもらい、講師が用意したサンプルと合わせて現物を見ながら研修しました。顕微鏡を用いて病原菌や害虫を観察し、見分け方のポイントと種類に合わせた農薬の選定等について学びました。
 また、普及センターが実施している試験ほ場に出向き、試験の目的や作物の生育状況等について研修を行いました。
 本研修は残すところあと2回。次回はホクレン農業総合研究所で肥料・農薬についての研修とホクレンで実施している各検査業務の見学を行います。

 

各作物について講義(第3回 園芸)

実物を見ながらの病害診断(第3回)

各作物の生産状況や生育特性について講義
(講師:普及センター)
病害虫等の実物を用いて診断実習
(講師:普及センター、ホクレン)
かぼちゃの生育特性について(第3回 道央農業振興公社)
水稲品種・系統の生育特性を説明(第3回 恵庭市水稲奨励品種決定現地試験ほ場)
現地ほ場視察 - かぼちゃの生育について(講師:普及センター)
現地ほ場視察 - 水稲奨励品種決定現地試験ほ場(講師:普及センター)

(情報提供 上堀)