スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  石狩農業推進協議会が現地研修を開催しました(H27年度)


最終更新日:2017年8月16日(水)


石狩農業推進協議会が現地研修を開催しました(H27年度)


石狩農業改良普及センター 地域の話題
石狩農業推進協議会が現地研修を開催
~石狩本所区域の普及課題を現地で検討~

 平成27年7月8日に開催された第1回石狩農業推進協議会は、恵庭市・千歳市・北広島市・江別市とJA道央、指導農業士、共済組合、振興公社、石狩振興局、普及センター等から総勢22名の参加がありました。
 今回は、普及センター本所会議室において平成27年度普及活動計画、農作物生育状況や関係機関からの情報提供を協議した後に、普及センターから提案・実証している北広島市の水稲直播栽培と恵庭市の新規就農者へのミニトマト栽培技術支援の取組状況について現地研修を行いました。
 水稲直播栽培は、今後担い手への農地集積による規模拡大が予想されるなか、作付面積拡大に向けた栽培の省力化と安定生産による収量の確保について検討していますが、鳥害対策が重要な課題となっています。
 新規就農者もミニトマトの収穫時期を価格の高い9月にずらすために必要な主枝切替や摘房等の栽培技術の習得に励んでいます。

水稲直播ほ場

新規就農者

水稲直播ほ場では鳥害対策が重要!!
新規就農者からの説明に参加者も感心
(情報提供 里見)