スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  H27 JA営農指導員研修(耕種部門)第1回開催


最終更新日:2017年8月16日(水)


H27 JA営農指導員研修(耕種部門)第1回開催


石狩農業改良普及センター 地域の話題
 ~第1回は中央農業試験場で開催~

 平成27年度のJA営農指導員技術研修第1回(全5回)が、6月18日に北海道総合研究機構農業研究本部中央農業試験場で開催されました。本研修はJA中央会、ホクレン主催で、JA職員の営農指導技術向上を目的として開催しているものです。

 JA中央会札幌支所熊谷調査役、普及センター西村所長の挨拶の後、受講生7名の自己紹介があり、笑いがあふれ和やかな雰囲気の中でスタートしました。
 午前中は営農指導員の役割、午後は石狩農業支援会議のしくみと関係機関が連携した課題解決手法について講義を行い、試験場内ほ場を視察しました。
 次回は7月10日に普及センター本所および現地ほ場で畑作物について研修を行います。

 本研修の講師はJA中央会、普及センターが中心に対応してきましたが、本年度はホクレン札幌支所が加わり、カリキュラムを見直しました。講師陣で連携を取りながら有意義な研修となるよう対応していきます。

西村所長挨拶「有意義な研修となるよう期待します。」 

石狩農業技術支援会議による課題解決の流れを説明(講師:農研本部地域技術グループ玉掛主幹) 

西村所長より挨拶「有意義な研修になることを期待します!」
石狩農業技術支援会議による課題解決の流れを説明。(講師:農研本部地域技術グループ玉掛主幹)
 農研本部中央農業試験場ほ場(秋・春まき小麦、大豆)を視察
様々な質問が飛び交いました。(講師:農研本部地域技術グループ前野主査) 
中央農業試験場ほ場を視察
様々な質問が飛び交いました(講師:農研本部地域技術グループ前野主査)

(情報提供 上堀)