スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  第7回農林水産業普及活動展が開催されました


最終更新日:2017年8月16日(水)


第7回農林水産業普及活動展が開催されました


石狩農業改良普及センター 地域の話題
第7回農林水産業普及活動展が開催されました
~札幌駅前通地下歩行空間で初めての開催~

 第7回農林水産業普及活動展が10月25日、26日の2日間で開催されました。
 この催しは、北海道と農林水産業実行委員会が主催し、北海道の基幹産業である農・林・水産業のPRと、生産技術や担い手の育成、地域の活性化に向けた支援を行っている普及活動について広く紹介するものです。
 竹林農政部長による開会挨拶の後、主催者によるテープカットが行われ、華々しく幕を開けました。
 農業会場では、稲作、畑作、畜産、野菜、花き、果樹、ひと、地域、環境の9つのブースを展示し、全道から集まった普及指導員が説明にあたりました。園芸相談、体感ブースのハロウィンかぼちゃ作り、作物クイズ、野菜・果物の糖度当てクイズでは、多くの方々の驚きの声や笑顔があふれました。
 3年ぶりの開催となった今回は、会場を札幌駅前通地下歩行空間に移しました。初めての会場で不安もありましたが、2日間の来場者は7千人を超え、盛況のうちに閉幕しました。一般の方々に農業、そして普及事業をより身近に感じて頂けたのではないかと思っています。
 実行委員会では今回の開催結果をもとに、次回の開催時期・内容を検討していく予定です。

主催者によるテープカット 色とりどりの花がお出迎え
主催者によるテープカットで開幕
色とりどりの花がお出迎え(花きブース)
たくさんの来場者にお越し頂きました
リンゴの品種を説明
加工品やレシピに興味津々(地域ブース)
様々なりんごの品種を展示(果樹ブース)

 自慢の北海道米

 体感ブース

 自慢の北海道米です(稲作ブース)

 笑顔があふれた体感ブース


(情報提供 上堀)