スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  石狩 飼料作物 雑草防除の取り組み


最終更新日:2017年8月16日(水)


石狩 飼料作物 雑草防除の取り組み


石狩農業改良普及センター 地域の話題
飼料用とうもろこし畑の強害雑草防除にチャレンジ
~石狩管内飼料作物収量・品質向上の取り組み~

  飼料作物畑では、外来雑草や除草剤効果が低い雑草が増えている傾向があります。石狩管内の飼料用とうもろこし畑も例外ではなく、イチビ・キクイモ・ガガイモなどの強害雑草が増加しています。一部のほ場では、強害雑草が繁茂しすぎて、作物の生育が阻害されてる事例も発生しています。
 普及センターでは、地域の酪農家・JAと協力して強害雑草の防除法確立に取り組んでいます。新規除草剤試験の他、耕種的防除法も検討しています。結果はH27年春の作付けに反映できるように報告します。

江別酪農研究会現地研修会で説明する内田調査員

近年問題となっているイチビにも効果が高そうです
江別酪農研究会現地研修会で
説明する内田調査員
近年問題となっているイチビにも
効果が高そうです

(情報提供 吉川)