スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  平成25年石狩普及センター試験報告会


最終更新日:2017年8月16日(水)


平成25年石狩普及センター試験報告会


石狩農業改良普及センター 本所・分室の話題
平成25年試験成績報告会を開催しました
~江別・北広島・恵庭・千歳・札幌地域~

 平成25年12月17日、普及センター主催の試験成績報告会をJA道央 北広島支店を会場に開催しました。
 当日は、石狩広域指導農業士・農業士会、道央農業協同組合各営農センター、札幌市農業支援センター、北広島市、恵庭市、石狩地区農業共済組合、道央農業振興公社に参集していただきました。
 普及センターからは、水稲の品種試験や大豆のマメシンクイガの発生消長調査結果、秋まき小麦ほ場での難防除雑草の話題、短節間かぼちゃ「ほっとけ栗たん」の施肥試験、たまねぎ施肥体系試験の報告をおこないました。
 JA道央からは「秋まき小麦に対する被覆肥料の効果確認」や「移植てんさいのリン酸施肥削減効果の確認試験」を報告していただきました。
 また、札幌市農業支援センターからは「コマツナ品種比較栽培試験」の結果について情報提供がありました。
 これからいろいろな作物の生産組織に対し、農家の皆さんに向けた講習会が開催されるシーズンとなります。今回の報告会は関係機関での共通認識を醸成するための有意義な研修会となりました。

試験報告会の様子

試験成績報告会の様子

石狩指導農業士・農業士会をはじめとする皆さんに参集していただきました。
水稲新品種「きたくりん」の栽培について説明する平田専門普及指導員
試験報告会の様子
大豆のマメシンクイガの発生消長調査結果について高松専門普及指導員から報告しました

(情報提供 佐久間)