スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  平成30年度石狩管内地域農業づくり懇談会


最終更新日:2019年4月26日(金)


普及活動評価


 石狩農業改良普及センター

 平成30年度 北海道石狩管内地域農業づくり懇談会 開催

 石狩農業改良普及センターが行う普及活動等をより効果的に推進するため、農業者をはじめ、地域の関係機関や団体等に積極的に情報提供を行い、普及事業や地域農業に対する外部の有識者など幅広い視点からの評価や提言を受けることを目的に開催しました。

1 主催 北海道石狩振興局
2 開催日時 平成31年3月15日(金)10:00~11:30
3 開催場所 北海道庁本庁舎7階共用A会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)

4 外部評価委員
 (1) 学識経験者:国立大学法人北海道大学農学研究院准教授
 (2) 消費者:有限会社コンフォート栄養食物研究所代表取締役
 (3) 報道機関:株式会社日本農業新聞北海道支所次長
 (4) 民間企業:日本政策金融公庫札幌支店農林水産事業副事業統轄
 (5) 先進的な農業者:石狩管内指導農業士・農業士会会長
 (6) 青年農業者・女性農業者:石狩地区農協青年部連絡協議会副会長
 (7) 農業関係団体:ホクレン農業協同組合連合会札幌支所支所長

5 評価対象
 (1) 石狩管内における普及事業(協同農業普及事業)の概要について
 (2) 石狩農業改良普及センターの普及活動の実施状況について(下記4課題)
  <地域振興・重点普及課題>
   新・八幡計画~どんな難問にも必ず答えはある!(江別市)
  <担い手育成>
   青年農業者組織の活動支援による地域担い手の育成(当別町)
  <生産振興(新品種導入)>
   超強力小麦品種「ゆめちから」の栽培技術確立と普及(千歳市、恵庭市)
  <生産振興(新技術導入)>
   高畦栽培技術導入による地域ブランドたまねぎ「札幌黄」の安定生産(札幌市)

6 評価方法
  外部評価委員の意見聴取により評価する。

7 外部評価委員の意見・評価
 (1) 国立大学法人北海道大学農学研究院 准教授
  ・公的な普及事業を行っている国は、日本だけ。日本農業を守るためにも必要である。
  ・石狩農業は、農業形態が幅広く、生産物が多岐にわたりポテンシャルが高い。都市近郊でもあり、消費  
  者に求められるものを生産するため、生産基盤の確立を支援することが普及に求められる。
  ・石狩は土地利用型経営が多い。土地利用型の新規参入者を増やしていく必要がある。

 (2) 有限会社コンフォート栄養食物研究所 代表取締役
  ・北海道産農産物を栄養食品に活用でき、北海道経済に役立つ取組に期待する。
  ・農産物の生産だけではなく、健康効果、機能性に着目し、出口を見極めた普及活動に期待する。

 (3) 株式会社日本農業新聞北海道支所  次長
  ・各地の普及活動の状況は勉強になった。地域への情報発信方法は役に立った。今後も普及センターと 
  連携していきたい。
  ・普及事業のテーマである労働力不足解消は、農業新聞も取り上げていきたい。

 (4) 日本政策金融公庫札幌支店 農林水産事業 副事業統轄
  ・現在、公庫ではH31事業計画を作成しているが、活動計画作成に向けた、課題設定のコツを参考にした 
  い。
  ・課題を農家に伝え、取り組んでもらうコツがわかった。

 (5) 石狩管内指導農業士・農業士会 会長
  ・普及の基本姿勢、農家のための活動、日頃の情報伝達、担い手育成に感謝している。
  ・以前地域にあった江別分室が解消されたが、現地に来てくれる回数は変わらないので、分室が無くなっ
  たことを感じさせない。現地での普及活動にはしっかりとした予算付けが必要である。
  ・農務課、普及センターの支援により石狩指導農業士・農業士活動として、匠の指南書(水稲編)を作成し
  た。好評のため当初予定より増刷し、800部発行した。

 (6) 石狩地区農協青年部連絡協議会 副会長
  ・普及センターには、当別町4Hクラブ支援でお世話になっている。若手農家に対応できる感覚が大切だ。
  ・若手農家は減っているが、若手の役割は減っていない。若手農家の支援を続けてほしい。

 (7) ホクレン農業協同組合連合会札幌支所 支所長
  ・ホクレンでは、農畜産物の流通支援、農家の営農支援に力を入れている。日頃の連携した活動に感謝し 
  ている。
    ・硬質小麦の需要が多いが、生産が追いつかない。生産量増加に向けた農家への技術支援に期待する。

8 普及センター竹内所長より
 普及センターは農業現場優先の活動を行っているが、外部評価委員の意見により、消費者目線、道民向け活動の立ち位置も確認できた。各委員の意見要望を活動に生かし、地域農業の知恵袋として普及センターを効率的に活用いただくよう、情報発信していく。

懇談会の様子 普及活動の実施状況報告

 一覧に戻る

 石狩農業改良普及センターのトップページに戻る