スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  石狩広域指導農業士・農業士会現地視察研修


最終更新日:2018年2月05日(月)


石狩広域指導農業士・農業士会現地視察研修が行われました。


石狩農業改良普及センター 指導農業士・農業士の活動
 
石狩広域指導農業士・農業士会現地視察研修が行われました。
 

 

 石狩農業改良普及センター管内の、恵庭市・千歳市・北広島市・江別市・札幌市の指導農業士と農業士で組織される、石狩広域指導農業士・農業士会の現地視察研修が、平成25年7月1日に行われました。指導農業士、農業士、市町村、JA、普及センターから総勢27名の参加がありました。
 本年は、江別市内において3カ所を視察しました。
まず、年間525万本のブロッコリーセル成形苗を生産している「(株)フラワーテクニカえべつ」を視察しました。
 続いて、輪作作物として導入が始まった、「にんにく」の栽培ほ場を視察しました。ブロッコリーの前作、後作に導入可能な特徴について理解を深めました。
 最後に、(地独)北海道立総合研究機構 食品加工研究センターを視察しました。人参ジュースの新しい加工法や道産馬鈴しょの乾燥素材としての研究についてお話を伺った後、研究施設の各種装置(プラント)の説明を受けました。すでに多くの技術が商品開発に利用されているとのことでした。

 

(株)フラワーテクニカえべつ
にんにくほ場

(株)フラワーテクニカえべつ

にんにくほ場

食品加工研究センター

(情報提供 kubo)