スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2015年8月11日(火)


青年達の視力に期待


石狩農業改良普及センター 地域の話題
青年達の視力に期待
~マメシンクイガ0.5mmの卵を探せ~  

 マメシンクイガが発生すると、大豆の莢に幼虫が入り込み、大きな被害を及ぼします。
 JA新しのつ青年部では、毎年この時期にマメシンクイガの予察を行っており、各支部から選抜された8名の予察委員が、50莢をサンプリングし、マメシンクイガの卵数を確認します。
 今年は1回目を8月5日、2回目は一週間後の12日に実施予定で、集計したデータをもとに、普及センターがFAX情報を作成し、注意喚起を行います。 新篠津村の大豆は、青年達の視力にかかっています。 

予察方法を学ぶ 

写真で卵を確認 

マメシンクイガの予察方法を学ぶ
0.5mmの卵の写真を確認
(情報提供 五十嵐)