スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  伏せ込み栽培 雪原アスパラ


最終更新日:2013年2月25日(月)


伏せ込み栽培 雪原アスパラ


石狩農業改良普及センター 地域の話題
真冬の北海道で収穫する「雪原アスパラ」
~新篠津地域~  

 新篠津村では、伏せ込み栽培のアスパラガスを「雪原アスパラ」として出荷しています。

 伏せ込み栽培とは、畑で1年間育てたアスパラガスの根株を降雪前の秋に掘り上げ、ハウス内で加温して12月~3月に収穫する栽培方法です。

 今シーズンは、村内3戸の製品「雪原アスパラ」が12月17日から2月末日まで、くるるの杜や札幌市内の飲食店等を中心に1日平均40Kg出荷・販売され、甘く柔らかいと高い評価を受けています。栽培農家は、今まで以上の高品質で安定的なアスパラガスの提供を目指して栽培方法や品種の改善に取り組んでおり、普及センターはその支援を行っています。

 雪の多い今年の冬、春の息吹が聞こえる新篠津村の「雪原アスパラ」で一足早い新緑の味を味わってみませんか?

雪原アスパラガス

アスパラ根株

雪原アスパラ
掘り上げたアスパラの根株
アスパラガス収穫開始
普及センター職員調査
栽培農家は早朝から収穫を開始
普及センター職員による収量調査
(情報提供 浦上)