スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  期待のメロン新系統 試食会で高評価!


最終更新日:2014年9月04日(木)


期待のメロン新系統 試食会で高評価!


石狩農業改良普及センター 地域の話題
期待のメロン新系統 試食会で高評価!
普及センターで試食会を開催

   8月29日、育成者である八木研究員(花・野菜技術センター)を交えて、普及センターで試食会を開催しました。
   このメロンは「空知交23号」という系統名で、従来の基幹品種である「R113」の病害抵抗性を高めることを目指して育成されました。 本年は、試験ほにおいて「うどんこ病」に対する抵抗性が確認されました。
   当日は普及センター職員が両品種を比較し、「甘い」などの声を発しながら、ネットの張り、香り、食感、食味等を検討し、調査用紙に各々の考えを記載しました。
   この後、試験場内等でも検討を重ね、優位性が確認され次第、優良品種候補として会議にかけられる事となります。

試食会1
試食会3
研究員が特性説明
切り分けて試食開始
sisyokukai
食味4
ネットや色の特徴を比較    (奥:空知交23号)
香りも大切な評価項目

(情報提供 柴田)