スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  当別花卉組合「畑まわり」の実施


最終更新日:2014年8月21日(木)


当別花卉組合「畑まわり」の実施


石狩農業改良普及センター 地域の話題
  1. 当別花卉生産組合「畑まわり」の実施
~当別花卉組合が目標販売額を目指し畑まわり~

開会式     平成26年6月13日13時~(JA北石狩花卉選果場)
主催者挨拶 当別花卉組合 才田 弘樹 組合長(90戸、販売額9億2千万円目標)
農協挨拶   北石狩農業協同組合 佐藤 彰 組合長 
出席者紹介 当別町役場、JA北いしかり川村専務ほか、各出荷市場、種苗会社ほか
            石狩農業改良普及センター石狩北部支所:支所長、渡部専門普及指導員
畑まわり    ○逢坂 邦男 氏 (弁ヶ別地区 フラワー美レッヂ:ユリ主体)
            ○佐々木 博幸 氏  (若葉地区 トルコギキョウ主体)
                      ○井野 博嘉  氏 (金沢地区 LED電照栽培:カスミソウ主体)
総 評    石狩普及センター石狩北部支所:支所長、渡部専門普及指導員

内 容   
     花卉生産組合が目標販売額達成に向け、本格出荷前に畑まわりを!
 当別町の基幹作物である花卉の本格的な出荷を前に、生産者が仲間の畑まわりをして、自分の参考にし、より良い花の生産と出荷意欲にはずみをつけることが目的です。
  3ヶ所の経営主からは、各自の栽培主体品目について、栽培管理で注意した点や成功事例、失敗点などが話され、今後の改善点についても話されました。
 普及センターからは、昨年の出荷本数の減少で販売額も8億9千万円にとどまったこと。今年は、目標の達成に向け、気象や販売等の環境が厳しい状況ですが、頑張って欲しいとの激励。
 また、今後の栽培管理の注意点等について、3戸を事例にポイントを話して総評としました。

 suppatu1

junkai1  

JA北いしかり 佐藤組合長の出荷前の激励
「当別花卉組合、目標販売額達成目指そう!」
畑まわり1番目 逢坂さんのユリ栽培     「今年、高温乾燥、一変して低温多湿」苦労!
 junnkai2  junkai3
 畑まわり2番目 佐々木さんのトルコギキョウ栽培「管理は大変だけど、まずまずかな!」  畑まわり3番目 井野さんのカスミソウ栽培「LED電照栽培で、草丈と開花時期を調整!」

(情報提供 佐々木)