スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  八幡重点地区で研修会


最終更新日:2016年12月26日(月)


江別市 八幡重点地区現地研修会


石狩農業改良普及センター 地域の話題
八幡重点地区で研修会を行い、今年1年の実績を報告しました
~本所地域第二係~

 12月20日に八幡自治会館で農業者15名と市役所・JA担当者が出席、普及センターから鹿野係長ほか地域第二係員が出席し、研修会を開催しました。
 
 土地利用型作物部門では、今年八幡で行った水稲・畑作関係の試験結果の報告や、輪作体系を構築するための第三作物の候補でもある「子実用コーン」の情報提供を行い、生産者からはコーンの収穫時期や乾燥方法等について質問が出されました。
 続いて園芸作物部門では、地域で初めて取り組んだ「スナップエンドウ」や「ブロッコリー」について、実際作付した生産者の感想を交えながら報告を行いました。
 また、地元の農産加工場「手づくりの里やはた」はこの5年間で他地域からの利用者が増え、地域の活性化にもつながっている様子が紹介されました。

 例年は人が集まりづらい12月ですが、多くの生産者が足を運び熱心に耳を傾けてくれました。
 次年度以降の展開については冬期の個別巡回等を通してニーズを汲み取った上で、年度末の研修会で再度話し合いたいと思っています。

生産者

係長の説明

夫人も含め15名の生産者が出席
鹿野係長より園芸作物導入の説明

(情報提供 平田)