スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  札幌市十軒地区たまねぎ有望品種の比較試験展示ほ調査


最終更新日:2013年12月27日(金)


札幌市十軒地区たまねぎ有望品種の比較試験展示ほ調査


石狩農業改良普及センター 地域の話題
札幌重点地区の試験展示ほ調査
~札幌地域~

 平成22年度より札幌市北区篠路の十軒地区で、高品質たまねぎ生産技術の確立に向けた重点普及活動を展開しています。平成25年度は澤田農場にたまねぎ12品種の比較展示と、減肥(肥料コスト低減)に向けた試験区を設置し調査分析を進めました。

 品種の比較展示では、中生、晩生共に収量性が高く有望な系統がありましたが、欠点等も踏まえて再度検討します。

 リン酸・カリ減肥試験では、試験区が総収量、規格内収量とも慣行区を上回りました。規格内率は試験区、慣行区とも同等でしたが、試験区のL大・Lの比率が大きかったため、経済評価では試験区が増益となりました。

 今後はこれらの結果を元に次年度に向けての課題整理や提案を進めます。
 

たまねぎ有望品種の比較展示ほ調査

 

12品種のたまねぎの生育状況の調査
 

(情報提供 伊藤)