スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  札幌市内のたまねぎ畑で休閑緑肥による土壌改良効果の確認


最終更新日:2013年12月27日(金)


札幌市内のたまねぎ畑で休閑緑肥による土壌改良効果の確認


石狩農業改良普及センター 地域の話題
休閑緑肥によるたまねぎ畑の土壌改良効果確認
~札幌地域~ 
 JAさっぽろ、札幌市農業支援センターと連携し、平成23年から「タマネギ輪作体系確立モデル実証」を行っています。土壌が硬くなってしまった畑を休閑し、緑肥を作付けすることで土壌が膨軟になり、たまねぎの収量が向上する効果を確認しています。
 休閑緑肥は、低収量ほ場の改善や耕作放棄地の拡大防止、また、景観作物としての利用も考えられ、その導入の仕組みづくりを今後検討していきます。

緑肥用ひまわりのすき込み前に根の張り方や土壌の硬さを検査

土壌断面の拡大 

根の張り方や土壌の硬さを確認
土壌断面 

(情報提供 田渕)