スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  第一係重点地区小麦生育調査


最終更新日:2017年5月29日(月)


地域の話題


石狩農業改良普及センター
普及活動重点地域の小麦生育調査を行いました
~ 恵庭市・北広島市・千歳市 ~

 普及活動重点地域(恵庭市漁太地区) において、4月28日に秋まき小麦の幼穂形成期の、続いて5月23日に止葉期の生育調査を行いました。両日とも、生産者とJA職員協力の下、係メンバー全員で行いました。
 幼穂形成期の調査では、追肥による改善効果を確認するため、無追肥区を設けました。また、止葉期での調査では、作物体や土壌のサンプリングも行いました。
 地域の生産者の小麦改善に役立てるよう、調査結果を速やかに生産者へお知らせし、生産者の適切な追肥管理に役立つよう活動しています。

si-to
幼形期調査
無追肥区設置のようす(4月28日)
幼穂形成期での生育調査(4月28日)
とめばき

しょちょう

止葉期での生育調査(5月23日)
土壌サンプリングを行う佐藤所長(5月23日)

(情報提供 添島)