スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  重点地区で営農懇談会開催


最終更新日:2014年2月12日(水)


重点地区で営農懇談会開催


石狩農業改良普及センター 地域の話題
営農懇談会を開催
~恵庭市北島地域~  

 重点地区を対象とした営農懇談会を1月27日(月)13時から恵庭市北栄会館で開催しました。        地区からは6名の農業者が出席し、関係機関からは恵庭市農政課長、JAや振興局調整課 職員も同席しました。                                                                                                                   懇談会では、まず、25年に実施した直播栽培の米「ほしまる」やいもち病耐病性に優れた「きたくりん」と奨決ほ産の「ゆめぴりか」を比較した食味試験を行ないました。                                                          その後、普及センターから水稲の種子予措及び育苗管理、本田の病害対策について、畑作では大豆品種「ユキシズカ」の栽培管理、野菜は「短節間かぼちゃ」「キャベツ」の栽培について説明しました。                                                        また、同席した振興局調整課職員からは前年秋に実施した土壌調査結果と排水対策について説明しました。
 重点対象農家の約6割の出席でしたが、出席者からは本年の営農に役立つ話で参考になったという意見をいただき終了しました。                                      なお、出席できなかった農家には、後日使用した資料を持参して巡回しました。
 

 

 

普及センター職員

 

米の食味試験
普及センター次長と調整係の担当者
米の食味試験をする地域の農業者

栽培管理の説明
 短節間かぼちゃの管理を説明する高田専普

(情報提供 伊東)