スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 石狩農業改良普及センター >  水稲置床鎮圧育苗の実演会を行いました


最終更新日:2017年5月30日(火)


地域の話題


石狩農業改良普及センター
水稲置床鎮圧育苗の実演会を行いました
~ 恵庭市・北広島市 ~

 昨年より重点活動の中で「水稲の低コスト・省力化対策」の一つとして提案してきた、「水稲置床鎮圧育苗」の実演会を開催しました。 4月10日には工事現場で使われるガイド付き振動ローラーによる水稲ハウス置床の鎮圧作業を、5月19日には育苗し終えたトレイを参加した生産者に実際にはがしてもらったり、その場でトレイはがし時の荷重抵抗を測定し軽労化を実感してもらいました。 
 参加した生産者からは「伏せ込み作業はラクだし、はがすのもラクだし、泥も付かず服は汚れないし最高!」、「来年は全面積で行いたい!」と、大好評でした。 

鎮圧作業を見学する生産者
鎮圧後の
鎮圧作業を見学する生産者
鎮圧後の置床を確認する生産者
じつえんかい

なえばこをはがす

実演会で説明する重点地域の島代表と添島係長
苗箱をはがす生産者

(情報提供 添島)