スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  石狩の縄文


最終更新日:2018年7月19日(木)

石狩の縄文

 縄文文化は、自然と人間が共生し、狩猟・採集・漁労を主な生業としながら1万年もの間継続した、世界でも稀な先史文化です。彼らがこれほどの間文化を維持できたのは、持続可能な資源利用や気候変動等への巧みな適応があったからだとも考えられています。縄文の暮らしを示す遺跡は北海道を含む日本各地で見つかっており、石狩管内でも多くの貴重な出土品が発掘されています。

石狩の縄文文化について

 石狩管内でも多くの縄文遺跡や出土品が見つかっています。

石狩管内の遺跡について

石狩管内の埋蔵文化財について


世界文化遺産への登録を目指して

 北海道では、縄文文化の価値を後世に伝えていくため、青森県、岩手県、秋田県及び関係市町とともに「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指しています。縄文文化を理解し、その魅力を広く知ってもらうために様々な取組を進めています。

【最近の動き】

平成30年7月19日、文化審議会世界文化遺産部会において、世界文化遺産の推薦候補に選ばれました。

【石狩管内にある世界遺産登録を目指す縄文遺跡群】

  • キウス周堤墓群(千歳市中央)

千歳市の北東にある、縄文時代後期後半(紀元前1,200年頃)に造られた大規模な集団墓です。周堤墓とは、地面を円形に掘り、掘った土を周囲にドーナツ状に積み上げた周堤の中にお墓を形成したものです。ここには、ほかに例のない規模の8基の周堤墓が群集しています。詳細は下の関連リンク「北海道の縄文遺跡群について」からご覧いただけます。

【関連リンク】

                                                             縄文遺跡群ロゴ

その他北海道の縄文文化に関するサイト

  • 北の縄文(環境生活部文化局文化振興課のページ) 北海道の縄文文化「北の縄文」に着目し、当時の生活文化などを紹介しています。地域別・時代別の遺跡の検索や、ドグー博士が解説してくれる「じょうもんキッズ」など、ご家族でお楽しみいただけます。
  • 渡島の縄文(渡島総合振興局保健環境部環境生活課のページ) 渡島管内の縄文イベント情報などを紹介しています。
  • いぶりの縄文(胆振総合振興局保健環境部環境生活課のページ) 胆振管内の縄文イベント情報や関連施設を紹介しています。
このページに関するお問い合わせ
〒060-8558 北海道札幌市中央区北3条西7丁目
石狩振興局保健環境部環境生活課道民生活係
電話番号:011-204-5821
FAX番号:011-232-1156