スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  児童虐待について


最終更新日:2018年12月27日(木)


児童虐待について


北海道石狩振興局保健環境部保健行政室
(北海道江別保健所)

| Back | Home | Next | Sitemap |


うさぎの飾り

児童虐待について
こどもは愛されることによって「自分は愛される価値のある存在だ」ということを自然と学んでいます。
そうしたとても大切な時期に虐待を受けて育った子どもは自分が大切にすることや他者を信頼することなど人間として生きるための基本を身につけることが困難となってきます。
そのために成長してからも他者との関わり方に悩み多くの問題を抱えながら人生を過ごすことになります。


虐待とはどんなことでしょうか
大きく分けて次の4つに分かれます
1身体的虐待  2ネグレクト  3心理的虐待  4性的虐待


「しつけ」とどこが違うのでしょうか
「しつけ」の程度を越えている(ちょっとおかしい・行きすぎでないかなど)あるいは、
反復的・継続的である(同じことを何度も繰り返している)などを感じたら、虐待が疑われます。
虐待かどうかを明確にするよりも、その行為が子どもにとって有害かどうかを判断することが大切です。

なぜ、虐待は起こるのでしょうか
養育者側の原因として

1 育児についての理想が高い
 2 周囲の援助を求めるのが苦手
    3 養育者自身も十分に愛されていない
 4 アルコール依存症などの疾患

どこへ相談すれば良いのでしょうか
児童相談所・福祉事務所・各市町村担当課・保健所・民生児童委員・その他
赤ちゃんのイラスト


うさぎの飾り2


| Back | Home | Next | Sitemap |