スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  鳥インフルエンザについて


最終更新日:2018年5月07日(月)


鳥インフルエンザについて


北海道石狩振興局保健環境部保健行政室
(北海道江別保健所)

| Back | Home | Next | Sitemap |


鳥インフルエンザについて




         いんこのイラスト 鳥インフルエンザについて

 高病原性鳥インフルエンザについては、昨年の感染症法の改正により、4類感染症として追加され、

診断を行った医師から直ちに届け出が行われることとされています。平成16年1月12日、79年ぶり

となる鶏への感染が、国内の養鶏農場で確認されました。また、1月13日にベトナムでのヒトへの感染

例が報告されていること、ヒトへの感染によりウイルス遺伝子の再集合がおこり、新型インフルエンザが

発生する可能性があることから、ヒトへの感染防止・ヒトへの感染が発生した場合の迅速な治療などの

対策が重要です。
 

   

高病原性鳥インフルエンザ

  (1)特性
      ・鳥インフルエンザのうち、死亡率が高いか、ウイルスが変化して死亡率が高く
       なる可能性がある特定のウイルスのものをいいます。

      ・生きた鳥との接触等により、人に感染性した例が知られているものの、食品
       (鶏卵、鶏肉)を食べることにより、インフルエンザウイルスが人に感染するこ
       とは世界的にも報告されていません。また、人から人への感染も確認されて
       いません。

      ・感染症法の4類感染症(全数把握)に指定されているので、隔離の対象には
       なっていません。


  (2)症状等
      ・潜伏期間  :1~3日
      ・症   状  :突然の高熱、咳などの呼吸器症状の他、重篤な肺炎
               全身症状
      ・治 療 法   :対症療法


  (3)高病原性鳥インフルエンザが流行している国・地域(3/10日現在)
      ・韓国、ベトナム、タイ、カンボジア、中国、ラオス、パキスタン、インドネシア




   <参考Webサイト>

     鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省ホームページ)

     鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省ホームページ)

     鳥インフルエンザに関するQ&A(国立感染症情報センターホームページ)

     鳥インフルエンザ(北海道家畜保健衛生所ホームページ)




北海道江別保健所健康推進課保健係

 電話:011-383-2111
ニワトリのイラスト 
 


| Back | Home | Next | Sitemap |

北海道石狩振興局保健環境部保健行政室